一ヶ月少女 二十二日目


.     ,: -=ミ                    x===x
.     ≧=≦ -―====================‐}Y⌒YL _ _ _          斗-=ミ
.      Y大_大フ`¬彡' 厂 丁ア⌒^⌒^7  i}|   厂丁¬=ァ=: :弌ァx: . _ ≧==彳
      |  |   √^   /   Vノ    { {   :. /  ノ   /     }⌒f⌒^┬イ
      |  |  /   /    ∧          V       /      ,ハ, | ;  l |
      |  l  /    /   イ  :. .:/    |   |       /    x个:. Ⅵ /  { |
      |   /   /   / !  l∨.:/    |    |     .:′   .:':: i:|{ : Vハ   }::.j
      | }/ /   /   | l Ⅵ:/   :.   ′  /     / i:l:l \: .V:丶:::V{
      | 〃 /  /     l   |  Ⅴ         //'   ∠_⌒^州 ‐-:、:::\:\}
      |厶∠_/      l  |   \.:.:..     vⅣ/' /.::.:.:.:) {i:i:!    \__\{
      ├‐┬く      | !    \.:.:..  じイ /`⌒^¬=ニ抓‐-  _ /ァf^ハ
       |   |  l\     l _ニ=x-‐=ニ¨  `孑‐-= く         lVハ    7:::::/ :l
        |  |  |  しx=ニ¨'.:.:.:.:.:|i      /了ー=イ::ヽ    ,:   }i :.    ,/.:'::::::::::|
.      |  j | Ⅵ  /.:.:.:.:.:.:.|i:      /.:::{   |::::::; ,: ′  八 :.  |i .:{:::::::::|
.       | ! !  「¨ 7=ニ _.:.:.:|i:     .:′:::}    |::::ハ     ,/:::::Vハ,  |i .::'::::::::|
     |   ! j  |/::::::::::::::::二=x __' ノ.::j   |:::′}     ,〃:::::::Ⅵ \L__}⌒V!
      |  |_{   //:::::::::::::::::::::::::Ⅵ 7 / /:    |::′     /厶'⌒ーく_ -‐辷ニ=-’
.     ⌒ー^⌒\/^¨ニ=‐- _:::::::::::v { I .:}:    |:' /{ _ ァ.:{
                      ¨ニ=弍Ⅳ ||   ′/ } _/-┘
                        ^ーt..L_   厶= ´
                                  ̄
        / ̄ ̄ ̄`>──-、r、
  l ̄ ̄`ヽ{                 ヽ ヽ
  l__ r‐ゝ、,ヘ _   ∧    ノ lヽ
   / ̄ ノ!、,,ノ>‐ィ〈ー- 、{ ゙ ー '' ノ 」
  <  / /´/´//-/‐/  />─r イ<´
  ヽ/  / /ィ l l斤zァ!__ノl_`メ  |` YTト_〉
    , '/,イ !从ゞソ  イソ>レ / ノ|_!、」
   /´// / | |   丶 ∠イヽイV
 / / / ,'   l |>、´rイ从 ! │|
´ /  / /  /、ll⌒ヾ ̄ `>j   ヽ
/fr─‐//  /   !〉::::/ト、:::::〉、 、 ヽ\
 〉、//  / / |ヽ/ l!l`Y::ヽヽ\ ヽ `7ヘ
/::::::\ヽ / /  〉::::/ | |}:::::::|ノ  `ヽ」/_|
─,z‐=ゞ、l∠ -、‐''`ヽ:/ /!_L:::_ノ|__、>イ⌒Yヽ
、〈/´   lヾ:::::::::;イ、_/ /!´ l /l ヽ≡≡7l__ノ:::::〉
、`\_ノノ|::://ー┘ |ノ  !ヽ|  ヽ::::::::|i|/!´ ̄\
/ ̄ `Y⌒>´ , '     r〉  l ハ    \::|i| ヽ   |
   /!/ /      /!j  l ヾj、   ヾ!、 \ ノ
_/、__/     /ノ,'  l  l、〉、    \ー''´
レV、ノ       /l /  ,'  l ヽ〉      \_
`>─- 、     /ノ /   /   l  lヽ |
f{`ヽ   \  /!  ,'   /   l  ヾ} ヽ
/\    / /ノ /   /   /  /|   \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  レミィの部屋で迎える朝。やっぱりココのベッドはとても快適だ。
  こういう物を見せられると、改めてあの子はお嬢様なんだなあと再認識する。
  魔法が使えても庶民は庶民。快適なベッドの前には為す術もない。




311◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:00:45 ID:lRhAemK60

   /           ヽ>
  /      ハハハハ彡彡ミ ヽ
 ./   |  ハ }        ミ }
 {   |.ト,_.|_,斗   N、___ ミ ト、
 |  ハハノ            } } j
 ヽ ヽ ,===    ===  レ
   >ミ      '       }\
  ./ .||  u   .----     ハ }
  { ハ    {   }    / .| |    お話は伺っておりますが、
  | } lヽ.   ヽ. 丿       } /     普通、こういう場面では自宅へ戻るのでは?
ヘ、ヾ.__| }丶     イ-‐‐‐|ノ-、
  \` .| }__|_≧-≦___.|____ノ}/
` 、 `/ /\.,-、O       ./
ー-ミ/ __ \j O       )⌒l
  {  __ \}.        ∧
-―{.     \} O      .∧



         /    , -―――ヽ   }- 、 /      \
        ∠ __  /          }   |  \ ___    \
__   /     ___      /  /    ヽ   \ ̄ ヽ  〉
    \./   /l    l` ー――/ /___    \  .\ j /
      j    l  l    |l    ∠ イ    \     !   \
   〃 ノ   /  l!     |l      ¨丁 ̄  ヽ \  j     >
 // .{   {   jL.ノ  .|ヽ    ,ェ 斗云ヽ  ヽ | ヽ }   /
/ /  ヽ  ゝ!  | ヽ __j  ヽ- イトj ::::: }ハ   j |  ヽト,_/
 /    r 、| |  |ィ 下::ム     弋 z辷リ 〉┬ l!   ∨   |
 l     |  ! | .ヽヽ弋沙 ,            |  l    .',  ヽ _ノ
 ヽ __.j  |.ハ   \            ∧_.ノ    ',  _
        l! \ ,.く      _     / |       |   く
        |      >  ..,, __ー _ ,,.  Kニ|       |  c_)
.         :|       |     /ソ     }l        l
         !         |   ./そ {-  r‐ ' /\___丿  ┼.、ヽ
         ヽ       |   }、/ヽ ミ--'  /   {    }   .ノ .」
             \ ___j ,ノノ/   ` ~''    {____}ヽ    o
             マ  ム{  フ          /   ヽ l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  ファビオラは困り顔だったが、レミィが泊まってもいいと言っていたし。
  雨は止んでいたが、あのまま帰るのはとても面倒だった。
  だから泊まったまでのこと。レミィの事は気になったけどさ。


312◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:01:01 ID:lRhAemK60

           ∧ . -‐. : . : . : . : .  ̄`丶/>ヘ',ー.、
.       __  //: . : . : . : . : . : . : . : . : . : \: . }i: : :\
       }l>/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : :.\}i: . : . :\__
     /}レ': : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: . ヽ: . : . :.ヽ: . : . : . ヽ`
     /: :/: . : . : . : . :l: :八: . : . : : \: : : : : '. : . : . :l: . : . : l: : l
.    /: :/: . : . : . : . :/l: :| \: :\: : : \: : . :l: . : :...:|: . : . : l: . l
   /: ://: : . : . :.|: / .j: :|   \: ヽ\:ヽ\: :|: . : |: :|: : |: . :l: : |
   //://|: : :l: : . i斗'^        ,ィf弌ぅ 、ヽ|: . : l: :|: : |: . :|\|
 //:ノ /|: :/}: : : |: l ,ィf゚う       ト::)゚ィリヽ|: . : |:/: : :|: . :|
   }: : /|:|:/: |: : ∧:i/ん:::ハ      弋c少' |: . : |}: : :.|: . :|
   |: / .|:|': : |: :/: :i 弋cソ        、、、、、. |: . :八: . :八: .|
   |/  l: : : :|V: : ハ  、、、、  ′         l: ./:∧: ./  ヽ
     八: :.∧: |: :人   r 、_  っ     ィ .ノ:/:/ }:./     か、変わった人なんですね。
      ∨ V}: : |: /i>}/ ,へ、   イ j:V/:/ /
            八: :|/__ !  / ハ _.斗‐{
            ∧!  _|    ' /´     》──--、
          _/    |:::_}   .|ー─--<       |
        /___  i }∧   ノ:::::::::::::::::::/ /     |
        V    /  }.  イ l\::::::::::::/ /     :|
       rヘ   xヘ    ∨ | |:| \/_/      人
       /_/   '、  _ヽ | |:|   ./   - ─   - 〉
.      /        ヽ/// j/  〈 / -‐   /



            ____ _
   /ヽ./\  ,. ''"´     `ヽ`ヽー 、 |`ヽ.r-ァ、
   ト、 \, '´    r─vート-‐'  ノ  `!   |/  L_
  / \ア´「`ーァ'こ>-‐'ー`' ー<_]‐ァ-'、_/  ´ |
 く.,__/ `ヽ>'"´        `゙<_/ \,∠,,_」
   「 `rァ'´  /    i ,   /|    ハ\  ハ、|
   く_,7´ ,'  !/ー-r'i_,ハ_/ ト-‐ァ' |.  Yヽ、]
    !  |   ,| r-r-テ'r    ァ!テーrァ!   |  |
    `ヽ| , ヘ ! '、__ソ     '、__,ソハ!_ハ  !  人_,.
      └| 7,.`         "´,,! | !ァ-'、|     (_
       ,ハ ,ゝ、   i7´ ̄`ヽ.  ,.ヘ !/  //`)   (_
      ./  ! /`> 、 .,___.ノ.イ./! /  /´ ,∠.._ y'⌒
      !  レ' /! ,rくヽ!/|/,イ 」ノ  、 _ ´__ノ
     [ゝ.メイ´  | /  八 / /(´ _,.、    `ヽ.
     く__ン-ヘ.  rくr、/ムハ7 /! |ア´、_,>ーァ'i`ー‐'
       |  ,ハ、!7/ '| | ,! |,ヘ.\:::::::::,rイ /!
       ヽ、./ /,'  [>八<]ヘ ` ̄´  / |
        /_く7  ! 〈__,ン   `i>ーrヘ. !
       く_,||iii|/   !   |.     ! ! | レ'
        ||!K / ,'  |   i   ∨|__,|
        `ー'\_,/、_,ハ、_|_,.イ/
           |ーァ'´  ̄ ̄ `ヽr-┤
           .し'        ヽ._j
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  よく言われます。あと朝食はまだですか?


313◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:01:18 ID:lRhAemK60

.   lム    il!   マt、       ,.ィ'             )i ヽ  ヽ           |   / j
.   lム   ili!   .マハ     / l   _ - ¨¨¨¨  i≦-' リ   .ノへ_r、      |  / /
、  .マt,  ill!   マハ   ミzr|_ノ ´_   ,r==.ミ=< 、 l  / ノ.     .| ./ /
ヾt、  マt.  マt,   マハ  レィ/ rア´::i ー‐'''::::::::::::::::::::::`ヽ.  rz l ィツ___      レ' /
  ヾt、.マt,  マ;    ヾt、 <. _J::::::::i!::::ヽ::::::::::::i:::::i!::i:::::::::::l¨:ハヽfヾ、_ノ     / ,.イ
i   `ヾtム   マi     ヾt、  ー|::::::lマ:、:::ヽ:::::::i十:::ハ|::::i:::::i!:::::::l ' _〉      ノ /.l  .i!
i!      マメ、  マt    ヾt;、   i!:::i::l¨f`ヽ:::川>ir≦ァ::::::::::l:l:::::::l¨´       //l l  .i
ム     マハ`≒ti!__  ,ィfァー>、 .l.l:::i:::代心    ゞ=' i|::::::::l::l::l::ハ      // i! .l  .l
マム     ヾt、 `マf=/ マムニ=ァミ 〉、ハミ. ¨¨ .     l::::::::l:::l:::l::ヽ.  ,.ィア'   l .l  .j
_マム      ヾtz マt|ハ_>f='  /:;::::l::::ヽ、_  , 、  ィ i!::::::::|:::ヽ:ヽ:ヽ'r''´    l .l   / ./
ニ三=z.,_    `=z:|≦tソ   .ノ7:/:l::::i:::l::`≧r ''´  マ:l:::::::|::::::ヽ:ヽ::ヽ.    i! i!  / .//
、 `ftrー===三イ¨¨''|z、r:::´:/ノ::::j::::i:::::l''´ ヽ  .ノ|:i:::i:::::ト;:::::ヾ;::::ヽミ=z,_ .i .ノ /ノ //
ヽz、 ヾt      」 ム  .l 7:z、::ノ:::::/:ノ::::ノ ー>ム;イ .l:i:::::i:::::lヽ:::::ヽ::r:::::_三ニ>' ィ'.//,/
  ヾt、ヾt;、  ,.ィ::::i!  l '' l、:7ー='::/,rヘ__ノ 〈::::イl:::ハ.、」:::::::l:::::l  ヽ:、::::ヾ::ヽ. ̄¨¨,}:::lノ ./
    ヾ<´::::>''|ヽ.、¨l Y::l<¨f''´     .ソ::i!.l:マ::j |::::::::l:::j   l:::ヽ:::::::ヽミ、.<ソ::::l/
.     |ァr''´   |  ヽ V.|:i::_} .l         ム:i! .l::l´  ソ、:::jソ   .ハ:ヽ::::::: _,.ィ ,.l::::::l
.      l::i::l    |    .j  ┏━━━━━━━━━━━━━━┓ :::::`Y::::::::l l::::::l
.      |:::i:i!     .l    i!l  ┃                      ┃ ヽ;::i:l::::i!::l l: ::::l
     l:::l::l    |    l l ┃  一ヶ月少女 二十二日目    ┃ _,ノ:i:l::::l:::l l:::::::l
.      l::i:::i    l.    i! ┃                      ┃  ;::::i l::::l:::l l:::::::l
      l      ゞー- - ' ┗━━━━━━━━━━━━━━┛  \i::::|::j.|:::::::l
            _,..-'''"     _フ::::: :::::i!   ー' ¨ .l:i::::ハf l::::l、       \ .V川
         ィ≦      ,. <:::: :::: ..::: ::ハ      .l:i:::::iリ| l:::l .マ       ‐‐. `ーァ
       /        ,.ィ:´::::::: .::::::: :::::: ::::::i!     l:i::::/リi!.l::l. マ  /   jこt )
、       /    ,..ィ:´::: ..::::: ::::::: :::::::  :::: :::|     ¨V ' ハ|   マ  j¨ 〉'¨´ ヾ.    __
 `ー-/___   / :::::  .:::::: ..:::::: .:::: :::: .::::: ::::i!         / ヽ  .l _/ , / __,.ィ≦ハr≠'''
zz.,__    `¨ ‐- ...,,__::: ..::::  :::: .::::: ::::: ::::: |           ヽ.     Vノ l ./_>r≦ノ
  / `""''' ‐- ...,,__    `¨"''' ‐-- .::,,___l______≧、_,..-'''"こ:ア _ノ¨
_/         /::: :::: ̄::::¨:::ー::::-ァ===---=r-----====≠ハ'''¨¨´   ¨´
´      /::::: ::::: :::: .:::: ::::: :::::  :::: :::: .j            ヽ


314◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:01:39 ID:lRhAemK60

                   / ̄ \
                ―ー⌒! .: ', ̄ ̄ 丶         /{_,
             。 ゚ | ー- '..::::: /     \r―-、 /::::/  _
             _/ _ 丶 ::::::::::::/     厂 ̄ ̄ ̄ ̄` <:::::{
            / / ̄\ ̄\`¨¨¨´   _  /./ ./ /,      V´
       Z/  { : : : : : λ  \、__/厂`ヽ/ ./ //,    ヽ ,
      ___{  ヽ: : : /‐\  ´ ̄`Y´/´::::::ヽ: :V/ /// ,   / } |
     > 斗ー '´ }:/;:::::/::::;\___{ノ::{:::::::::|‘,}、'////////////
     ∠ __//;:::|::!::l:::i:{::::|::::::1::!::::!::!::::::!:|::::\_ ∠二ニ=ミ/
      {: : : : : : : :/;:{:::|::!::l:::l:|::::|:::::::川::::{ 1:::::{::!::.::::::::}!:::::::::::::\: :└. 、
       \_: : : |:l:ハ::l::|::j::从:::l:!:::::lー|::::|┤::::|::::.:::::::::|!:::::::::::::::::::Y⌒ ー}
        r― |:|| i::l十:/川_」Lニ=└┘―┤.:::::::;:::l!:::::::: :::: :: ::!: : : ノ
         {: : : |」L斗匕厂    炸竿i'冖 !.::::::/./;:::: .: .:  :: |- '
          `¨¨¨¨|:::Ⅵi芋ミ      寸丿 /.::::::/:|/:::: .: .::  :: |
            | :::::乂ツ      ̄,,  ー-=:::」;::::: .: .:   :: |
            └─}´,,  .         从::::/.:: .: .:   .: / |
                 |:.   `   _    /|{::::/.:: .: .:   .: /::: !
                 |:个:..  `ニ´   。8/!/.:: .: .:   .: /::::: |
    r‐{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:爻o。。o2 / イ...::: .: .:   .: /:::::::: !
  [_ /ヽ///,    (\r 、/  ヾ/r ‐ ' /..:::;:: .: .:   ./ー、::::::l!
   /  '⌒V//,   (\ \〉⌒ヽ Ⅵ、  /..:::/:::,:/:::. /´   Ⅵ:|!
.  _{  ー⌒ iー --r (\ゝ(    \ヾ ∨::/::://:::::/ :′    l::::l!
 /: }  - ⌒7:ト、 / .:::\j__ ー.....、  V/:::/:::/:::::/ :     |::::|!
 ヽ:ヽ .ィ ´ Y: :ヽ!__::::_:_j__   \  ゚。∠=ミ'::::::/ =-. . _  |:::::l!
⌒': : :\ '  .:}: : : { =}{=|...............`ヽ \ ゚。   /.:::/=ニ_ ̄= {::::::|!
: : : : : : :ハー:::j: : : /⌒⌒!ー― … z_ rク゚。/::/-=ニ_  ` ゚。:::::l!
、_ /⌒!: `¨ : : (l.:::/::::::!_, 斗z └ 7{ ヽ〉Y´: : : :=ニ__     ゚。:::|!
 \__( : : : : /}:::i::::::;:::::::|//|     L!   ゚。____,二 - r‐ '。::l!
  ζ| `¨¨¨´ :!:::!:::::;::::::::!/::j           ∨   {   }   l:|   }::|!
   .´|        |:::|:::::i:::::::/:::::|         {__斗--┴―' ー.┘|!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  食後の一服。そろそろ帰ってもいいのだが、今日の講義は昼からだ。
  まだ時間はある。となれば、ここはメイド達にレミィの事でも聞いておこう。
  今のレミィは何も答えてくれないだろうし、どういう心境の変化があったのやら。


315◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:01:52 ID:lRhAemK60

                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、
                      /              / ̄ ̄\⌒ヽ
                 ____|            ̄ ̄\.  ∨ \
                   {___ノ  |    /           }  |\. 〉
                   /〈⌒ー'  ー‐'  ー  |\ー一'′ /'  ∨
                 /⌒}7ー‐'⌒ー‐'⌒ー<  >―一'′   | ̄ ̄}
                  (⌒⌒,':.:|:.:.|:.:|:.:.|:.:.:.:.:\:.:.:.:.`ー'⌒>     ノ| ̄ ̄
                      ⌒}/|:.:.|:.:.|:.:|.:.:|:.:..|:.:\\:.|:.:./:.:.:.\`ー< |
                   /:.:|:.:.|:.:.|:.:L.:|___|__,斗r斥:./:/:.: l:.: \_}⌒
                   //:.:.∨⌒ハ弋リ`   弋ソ|/:.:/:.|:.:.:.:.:|ー{
                   //:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.∧   、   〃:.:.:/:.:.:|:.:.:.:.:|⌒
             /:.:/:.:.:.:.:.:.:::.:.//:.:.:>、 ニ イ:.:.:.::/:.:.:./: !.:.:.:|
             ./:.:.:./:.:.:.:.:./ ̄√:.:.:/__ノ__/:.:.:. /:.:.:./:.:.:l:.:.:.:\
           :|\|:.:.:.:|:.:.:./|   ./:.:./   /}/:.:..::.:.:/:.:.:./⌒V:.:.:.:.:.:.:\
.           \_∨二∨/  .|:.:/    .//:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./'   ∨:.:.:.:.:.:.:.:\
       _________,}:.:.:}:.:\}___/    .//:.:.:.:.:.:./:.:./     |:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.: \
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.|l      .|\{:.:.:.:.:/:.:./|   \  \__:.:.l:.:.:.:.:.:.\
     .|:.:.:.:.:.:.:.:_____/ ./ _/ \_∨.二 ∨/     \  \_{__:.:.:.:.:.:.:.\
    }二∨二∨二{\_____∨ ,':;' ,: / }:.:.:.:.:{⌒    \  \   \{_:.:.:.:.:.:.:|
      \:.:.:\/ ̄ ̄\ノ\| ,':;' ,':ム-/:.:.:.:.ノ_____.   \  ー   > {:.:.:.:.:.:.|
          ヽ∠ _    \ |. ,':;' __':;' ./___/_}_}_}\______/{/:.:.:.:.:./
        /三三三ミx   \// ̄ ̄\ }.      \}_}_}_}__}/:.:.:.:.:.:.:/
       /三三三三ミミ./^ーく// / __| \          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| | l `〈.〈/三三.\ |         ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
                 ヘ人人ノ ̄\三三三 } \________/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                 _/  |:;' ,':;'  { ̄ ̄ ̄\ノ |:.:.:. / /:.:.:.::.:.:.: /
            / /   :|'  i::i   i\.        \ー───< ̄{_
          ノ7  /    |'  i::i   i::i. \.        \       ̄\}_
         ノ7 ./     :|i  i::i   i::i  |.          \        \ }_
          ノ7     ノ |i  i::i   i::i  |                       \ }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  私を親友だと言ってくれた、あの言葉が偽りでないことを信じたいが。
  その後の態度を考えると、どうにもレミィという個人が分からなくなってくる。
  なにかマズイ事を言ってしまったのか。振り返ってみても疑問だ。
  まぁ、人間というのは誰しもがおかしな導火線を持っているもの。


316◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:02:13 ID:lRhAemK60

      ,べ(       /
      |  ヾ、 /   \
    . /ヽ    \                             ′
    /       \                    \ /_ __
    ~^^`>.__\ . . :∧                      Y〈   {
      /   `ヽ: ://∧        /          ,仆j匕´ ̄ ¨ヽ
       〈     \/⌒ヽ   l|  /          _ /    /^ヽ /
    .   \ /⌒こ>、_丿   リxイ     ̄ /^;⌒\ /⌒ヽ  /_;_;_;レ′
       /. : // 个 、 ;/ 丿   __'/;_;_;ヽ_У;_;_;_;_;{_/ ヾ}
..   _ /   /     厶  ,イ⌒ヽ._/     人:_斗ハ     l|
    \     /,;;⌒\   /;_;_;ヽノ l : . ノハ{| 刈、 /T7ヽ! i:     l|
...    }  ,</_;_;_;_;_;ヽ/: :: リ. .. .}ヽ(:/  レ'  } /xfテ斥冫|    .:リ
     ヽ/       /|: :: :: : . .. .l|そ笊で~`'  l/  じソ {:l.| . . .: /
             /~⌒ .| : :: .: : : . ll. 込じン        川ノ . .:/
        イ       | : :. .. : . . l|            `  .イ.:|: . ,イ   __
  .     /( }     .| :. .   .  l| .、     っ  .イ : 八(. .|  ,イ 州|
  .   {  \      | .   : : : ll   > .   _ ィ´. .l:| ./ :   :| / |{ 州|
      {′   ヽ.    i : : : . . . .:ll/) ヽj: : . . }  リ/ /  : ′ || 州|
     |     / . . . ./  |:: : : : : : : ll (   }: : / // :  : :: ::/   l| 州|
                    | : : : :: :. . ||ノ______|/彡イ/イ. . . ./    l| 州|
                    | : :: : : :: : ll;ニニニ//: : . . . . /       ヾ.州|
                    | : : : :: :: : l|; `ー ′ : : . .  /          )州
                    i . :     リ  /: : . .rx≦三三三三三三ニ  |
                    |. :    / /:   . ./|三二ニニ≠≠ニ二三__/
                    | : / :/  . ./ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /
               乂イ  (  . . / /              /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  気にはなるが、ここで本人を問いつめても虎の尾を踏むだけ。
  わざわざ導火線に火を点けるようなものだ。
  しばらくは時間に解決を任せることにしよう。


317◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:02:25 ID:lRhAemK60

                    __
             ____   /   ア´ ̄ ̄`ヽ
              |l     \/  /_/-- 、__ノ)   }  ♪
              |l  r―ぅ〉-く___,ノ      く   \
              ∧   フ//         | \  }
     〃       〈〈 \__ 〃__ノ 人从   从 い _ノ
.   ∥         \ __ノ `T 壬z-ぇ乂,_j.ノ 八 ノ〉  ♪
        _____   >  _ノ  | じリ   r≠ 「 `フ ―- ★
.    i|   ⌒㍉i:i:i:i:ix(/(  フ人_ >'''' __  '' 厶个ー
.    ||       ⌒㍉i:i:≧=-へト  マ::ノ   イ ノiぃ、
            <⌒rぅ┬┴z ノ辷ァcr≦ 人く ⌒`   }}
           `T冖┴‐ 个   ⌒Y.}  }〉、 _,.ィ     ∥
            |l  __/   ___,√`\}廴く   〃
           ,. -‐'" ̄辷┐__   `⌒}          /
        /〃       `⌒辷ーr‐く〉、
     ♪   〈 〈             `⌒Y⌒ \
        \                   ヽ
             \ \_               /〉
             / >   ー------  '"_,.xく
           〈_/    ̄`ー…冖'"   \__,>
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  罠にはめられた事は腹も立つけど、まぁ似たよう事はやったしされたし。今更である。
  男を紹介してあげると言われ、動物園のオスを見せられた時はさすがにリアルファイトしたけど。
  腕力はあちらの方が上だが、広辞苑の厚さを舐めていけない。


318◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:02:39 ID:lRhAemK60

             __,,,.....,,,,__
       ,l⌒'r、,r'´       ゛゛''- .,_
        | ゙i,r' i!、___   ___       ゛`、
    _  <.,__ト__(,_、ゝr-─-..ニ__r、-l'1/ン
   /\ \ く<_,.,r'´'/ / i i l iヽハ ̄゛'<.,ゝ
  ./  .\___、,〃 {_{ノlλ_lー|-!ヽリ| │ i|
  /    /// ,レ!小l ┳   ┳ 从 |、i|
  `.   ///   ヽ|l⊃     .⊂⊃ |ノ│
   .` 、///⌒ヽ___|ヘ   △    j /⌒i !
      \ /:::::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::::/| | ヾ::トY_ゝ::{ヘ、__∧ |
       `ヽ<_{><] .`| : |:::/ヾ:::彡' |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  さて、それでは聞き込み開始。まずはファビオラから。
  レミィについて教えてちょうだい。



          /: : : :/: : : {ミ、: : : : : : ‐- 、}
        /: : : : :,' : : : :.|i|i|: : :_:_ : : : :ヽ
.         /: : : : : : : : : : :. :ヽ¨¨     ヽ : :.{
        {: :/ : : : : :.i: :| : :|\:ヽ     _-‐V:.',
       |:/|: {: : : :.:|ヽ!\{‐-ヽ} {_ ≦¨__  } :i
       |' .レ' \ : :{イ,仡ミ     イ仡ミ i: :|
          /\:| 弋リ , ;  ヽ┴┴  |:〈
          /ヘ ` ///  ' ’  ///,  ;: : :
            /: : :|',       _   し ./ヘ: :.',        お答えできません。
        /イ: : .!ヘ    z-‐ ニ=}   /  }: : i
         |: : :|___〉、_  ̄ ̄ ̄  ,イ__j: : :}
.       __ |: ://///////,≧-‐=ニ/////|: ../__/ ̄ ̄ ̄\
    /     Vヘ//////////C////////|//   ____ \
 |  ̄ ̄ ̄ \ ./∧//////////////////7〈   /    \ \
 |         / ./∧/////////////////,| | ____    \/
  \/ ̄ ̄ ̄| |//////////○////////| |       \   /
  /        | |////////////////////| |        \/
  \ /  ̄ ̄| |////////////////////| |   \     /{
   /      | |////////////////////| | \   \  .//|
 /   /   | |//////////○////////| |  \   \///|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  なんでや。


319◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:03:10 ID:lRhAemK60

      /::::::::::::::::::::r:::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ> ヽ
   /\_.|.:::::::::::r:::::::|.:::::::ハハハ彡彡≡豸:::::::::::::V  }
 n┴―-|:::::::::::|,:::::::!.::::/         ミ::::::::::::::}フ
⌒|    ハ:::::::::i::::::::::::::|          ミ::::::::::::::r=ミ
  |    ,小:::::::从_、:::::|  ― --- 、  ヽ:::::::::::ハ ,ゝ
  .Vj ̄ ̄./\|斥ミ\.{   --,==ミ `   }:/⌒Y、_》ヽ,
  .ノ-―={:::::::|弋り ヽ   イc` i }   ./::::| ∫ノ } ̄
  .(人   |:::::::|       弋 ノ/   .,::::: |_ ノ  |\
    .}  人:::::|    ノ         /:::::::| ヽ  |  \   お嬢様が何を考えているか、
  r Jソ / ヽ:| 、  `       u (:::::::::|  ハ  |\     私には見当もつきませんから。
  ヽ、 У  jノ  、 ヽ,つ    / ヽ、:|   } .|  \
    )          、 _ , イ       ソ   |  |



      /⌒/          、  (  /   ∨    \ ヽ
  f⌒i/  /      /  __ ゝ `7┬─-、|     _f⌒!、 .i
 r'   )/ ◯   / /:::!::::::Y   ,ゝ′:::!くノ   (__  _)〉| ◯
_,..コ  |、   ヽ.   k( |:::::|:::::::j` ̄´:|::::|:::::!く  r─┘ .! /
.i o | 〉 、 rくl)  /::!-┼十|::::::::|十┼-l::::`T | 0  | \ i⌒!
.ヽ-ヘ `ー一' ノ ̄´:::::::|:::::|:::;ハ|::::::::|:;ハ人:::!:::::::!込、__,、 `ー┴' ノ
   `エ7ニ´!:::::::!::::::::;ィチミx|::::::::|リィチミx:::::j:::::::::::::|.>─ァ='′
   ゝ `⌒) |:::::::l:::::: { ハ//ハ`⌒ヾ ハ//ハ} !!::::::!:::::|'⌒Y´
  (_,. -‐、く_」 :::::|::::!人`マソ     `マソ'/||::::::|:::::j ̄´
   r─ '  ,ハ::::!:::jハ⊂⊃   ,  ⊂⊃イ::j:\ハイ   ◯
 ,-、ゝ-‐ヘ_,ノ ハ/Vヽハ           レj:;ノ::::::::!:::|
 { `ー-、   /::::!:::::::!:::> _ ⊆⊇ _ イ ヽ:::::::::lヾ\ ◯
  `ー一'(⌒L、:|:::::::|:::::!|   |    |  |  ハ:::::::|::::\!
     l⌒´ ,、 V:::::;ノ:::::!|   ゝ、   ノ  j    !::::;ハ::::::::ヽ◯
     l   , }′}:::´:::::::ハ     不   /    l::::::::::::::::::/^ヽ
r'⌒)  `てノ^ー'v::::/::ノ  ゝ、/,口.\/     ,ゝ、:::::::;ィ 、 〈
.フ ⌒ヽ /::! ┌Y^!一⌒j .///.!、\ヽ   l  >〔xヘ‐-イ:\
ゝ-'フ }::└=7^个<_,ノ /、// | i > >.!  `T ,イ::::::://L:::ハ
  ゝ-イ::/ r‐ヘ::::::〉‐┐ 〈\//  .! !/ |    `7⌒7⌒k‐┘::i
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  まぁ、考えてみればここは別荘。滅多に立ち寄る所じゃない。
  そこで勤めているメイド達に近況を尋ねるのは酷というものだ。
  むしろ私の方が詳しいのではないかと言われるだろう。


320◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:03:19 ID:lRhAemK60

           { /: : : : : : : : : : : : : : :ハ : : : : : : : : : : :ヽ
           厶: : : : : : : /: : : : : : : |i:i} : : : : : : : : : : : ',
             /: : : : : : : :/ : : : : : :.: .|i:i|: : :И_:_:_:_: : : : :i
.            |: : : : : : : / : /:/ : :.|: : |从〃    ヾ: : : }
              |: : : : : : :{: :./{:| |: : |: : |        ',: : ,'
              |: : : : : : ||: :| |:| |: : |: : |         ',:./
           〉、..: :.: .:||: :}_|!_.| : .lヽ:.{    _ -‐   ;
              { { ヽ: : :.|レ' ニニ刈:.|¨\:  ,ィ'' _    ハ
              { { /: }ヽ.l ィ云心ヾ|  ヽ  ィ云心ヾ .ハ}
           >/: : :',  `¨¨¨       `¨¨¨   ハ:.|
            //.i: : : ハ                    八: |
         // |: : : : ヘ        ‐ 〉     /|: : :|
 ̄ ̄ ヽ    ヽヽ.|: : : : :| ヽ      __ __    / .|: : :|            ただ……
      \   V/|: : : : :|_\___       イ  ̄ ̄ヽ    -‐  ̄ ̄
__    \  .V ',: : : :.|///////≧=‐--ィ´/_____ノ/ /
    ヽ    \ .V ',: : : }/////////////////////// /     -‐  ̄ ̄ ̄
     \ _ /\V `Y///////////○//////////||\    /
        ||   ||///////////////////////////||  \ /
 ̄ ̄ヽ    ||   ||///////////////○//////////||   || ̄ ̄ ‐-  _
    \  ||   ||///////////////////////////||   ||          \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  ファビオラは考え込むように俯いた。
  何か心当たりがあるのか、私はじっと待っていた。


321◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:03:30 ID:lRhAemK60
                        _____
                   /       \__
                      厶' ̄ ̄ ̄\__}
                r'  ̄         ',
                   /.      l`‐' ̄ ̄\ ',
                    / | .|  | | r' ̄ ̄`.|  }
              ハ  ', ! ̄|_ ヽ  イ⌒l .| ∧
                { ', ',|r{廴〉 \弋_ノ| ∨
                Ⅵヽ    '      |  |    お嬢様と仲良くされている事は知っています。
                 |  \  ‐‐    /} ./
                      \  r──≦ レ'′     それを承知申し上げたい。
                     __,へ___|_゚ /|__{_/}__
               / |____/ ̄ ゚   \__| \   これ以上、詮索しない事です。
                 / 」__ /   ゚    |__|   ヽ
              /  [ __/   o    |___|     ',
            く、  ]__|    。    ヽ_〉     ノ
         rヘr‐┐ヽ [__|         |__/   ./



                    i''i  ,、
      ,へ ,>'' ̄ ̄,゙ヽ、 | |/,イ
     / /     ,、ヾ,ヽ ゙ヽ,/'、
     ', く /゙ヽ、, イ.!、'‐'ノ'i  > /
   , イ,イ-! .! i.!__、 i.i _二 ! '‐,〈''"
   ヽ''、,-,,ヽ,代ソ'''''''弋ソ'レ'i
          (   ___ u ./  i
       i゙ >、,゙ニニ,イ  ,!
      ===・==.!イヽイヾ,,イ-
      ゞ‐,・━ ,' ',ヾ、i,,i,,-.、
       ,イi__',/ i  ', .i .!、  ヽ,
       ヽ, イ ,'-、-! ゞ' ヽ,,i"
        !,,  i i! .i!i  _,!"
          /ヾ' ii ii ヽ-!ii '、
         / ii .ii ii .ii i.i .'、
        '-,.ii  ii ii .ii i i ,-'
       , ‐、i"iヾ"ヽイ〉-'、i''
         ̄ ̄    ゙ー‐"
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  メイドから立ち入るなと警告される。
  ミステリではよくある展開だけど、誰か死んだりするのかしら。
  幸いにもというか不幸にもというか、ここは人里離れた別荘だし。
  何か起こっても不思議ではない。


322◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:03:47 ID:lRhAemK60

   /           ヽ>
  /      ハハハハ彡彡ミ ヽ
 ./   |  ハ }        ミ }
 {   |.ト,_.|_,斗   N、___ ミ ト、
 |  ハハノ            } } j
 ヽ ヽ ,===    ===  レ
   >ミ      '       }\
  ./ .||  u   .----     ハ }
  { ハ    {   }    / .| |
  | } lヽ.   ヽ. 丿       } /     あなたの為にもなりませんから。
ヘ、ヾ.__| }丶     イ-‐‐‐|ノ-、
  \` .| }__|_≧-≦___.|____ノ}/
` 、 `/ /\.,-、O       ./
ー-ミ/ __ \j O       )⌒l
  {  __ \}.        ∧
-―{.     \} O      .∧



                  ___
                , ´   -.‐.、 \
             _メ    .l、 } .}  ヽ ヘ_
           ,べ_|    、 _ヽニノ,-、ノノニ- ゝ
           lニ=‐-t/>、ン:::i:ヽ∠:ヾイフ
             ゝl≧'l:l≧_、  .trテl::l:lヽ
                |::|:l::lゞ‐" , .~ l;:l::l::::\
               |::l:、::ト、   -   メ:l::l:lヽ:ヽ:\
              l:::l::V:',,≧ - イ 、リ::ノ:::',::::ヽ::ヽ
              ノ:::_l::',:::',.\_/ -,':/:l:::::V:::::\:ヽ
            _// ,'::::l:∧- 0 - ,':/:::} .\:l>‐ <ヽ
            .〉vミ_ .|::l::l:::::} / l>‐ - 、 /, =  ̄~|:ヽ
          /   ゝl:::l::l:::リ / - ‐‐- 冖 ',_;;;;;;;;;;;;;;;;l:ヽヽ
         /,   l  , 、V_:/=`.∨;;;;;;;;;;;;;;;n〈`,', V;;;;;;;;;;l::::::',:::ヽ
       ノ' `ヽ     / _ 〉〈  ノ:l ヽ;;;;;;;;;;;;「l.`' ¨ !>‐´:::::::::,:::∧
     /, _ノノ l   /::://;l l ̄:::l  lヽ- ‐ ヽ  メ V::l::::l:::l::::l:::::::',
     /,イl_,イl´l .リ /メ ,へ_,、_ = 、:l  l、‐- vvl l ̄;;;;;;;;V l::::l:::l::::l:∧:',
    ./.リノ.ij l;メ /l /::{_ メヾ _ リ::l  .lゝ‐/lヽ| |;;;;;;;;;;;;;;', l::::l:::l:::l:::l V:',
    //イ    ' /: : : : : /_l l_l::::V::l  .|メ::l_」:∧ V;;;;;;;;;;;;} ト 、l::::l:::l. ',∧
   /://:l   /: : : : : : :|::|::::リ:V}ヽ  以l::::l:::l::', V;;;;;;;;;ノ ',  ` 、l .}::::}
  ,':/:ヽ__ <: : : : : : : : :.ト、ヽl::::}リ;:::Vl::ヽゝ:l:ノメヽゝ‐´ ノ     ` .、メ
 . {//: : : : : : : : : : : : : : /\ゝメノ l::::',|:::::::',゙´  V ` ‐ ´       .\
 ./: : : _:.: - 、- , - 、: :l:::::::::l   |:::::,l::::::::',   ',: : : : :_: : -r -_ 、T ‐ -\
.//_ ヽ←- 、} / - 、ヽ~l::::::::l   l::::::, ',:::::::',   〉- /__ ヽ. !/ V/.、`´‐イ
.〉- ' / / ,' ` -`'  ' -‐´_」 = _」::::::l .',:::::::',  ム-'´::::::`- ' ヽ::::::ヽ ゝ 〈
.`.-ゝ/ /  i::::::::> ‐ < ̄:::/ l __ヽ ≧ 、l:::::::l   ',::::::::::∧___ヽ::::::ヽ ヽ
  .,'  '  >.::´:::/  _.ヽ /   ヽ//ニフ:::::l    l> < l  _ヽ ̄>ッ゙
 ∠L_l//__:::::l:::レ´    ' -イ     | ̄ ノヽ、;> ´  l > ‐ ゝ`´  '‐'ヽ-'、
〈≧ .、 __ノ  ` ‐'、  ̄ ノ- ‐ |     |-、ン-、__/ ̄' <二ニ>‐L__ノ ‐' ヽ_ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  まぁ、どれだけ警告されても立ち止まるわけにはいかない。
  このまま放置しておけば、溝というのは広がるだけだ。
  今はする事がなかったとしても、せめて態度を変えた原因ぐらいは知っておきたい。


323◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:04:17 ID:lRhAemK60

                   _,,.. - ─ - 、
             _/´       ヾ、ヽ
.            /        / . 、__ノノ-、)
.           r′  〈 , - 、_ ー'   `¨´ _ノヽ
            〉ァ⌒ー':::ノ/:|:`⌒ー'⌒ーヘノ__ノ
.           〈//i:::i:イ:/::;」::::|:::::|::::i:::I::::i:/
            `ー':l:::|:::ィfチミ.`ヽ_A_l:|::l|::::ハ
.             |::::|:::!::::|`~´  'ぅr芥:l|:イ ′
.             |::::|:::::::::!  _ ' `´ .什レ′
              ノ::::|:::::::::| 、 `´ ,.イ :::|;!
.           イ:::::::ノ:::::::イ  爪  〉 ::::!;\
      。 <::::::::::/:::/ _\ノ∧ヽ仆::::/';::::\
。 <::::::::::::::::::::/:::/.     〈/ | Vノ:::::/ ヽ:::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::/.′      /::::::/   ハ:::::::::::ヽ.
:::::::::::::::::::::::::::/厶=ァ=ミ:,_   /:::::::::/、=ァ=ャ::::::::::::::::::...
:::::::::::::::::::::// ./ / /`/::::::::::::/ヽ.\ 、 \:::::::::::::::::::...
:::::::::::::::/ _ゝー'⌒ー'⌒ー':::::::::::::::::′⌒ー'⌒ー''∧:::::::::::::::::::\
:::::::::/:::::::::::∧    ./::::::::::::::::/i::i i{    }_.イ::‘,::::::::::::::::::::::..
::://:::::::::::::' }   y/::::::::::::::::/. i::i i{  / /::::::‘,:::::::::::::::::::::ハ
.' /:::::::::::/  ノ  .//::::::::::::::::/:i i::i i{ . 〈  {:::::::::::‘,:::::::::::::::::::::i
. /:::::::::::/  /   .i/::::::::::::::::/i::i i::i i:{   ヽ ヽ::::::::::‘,:::::::::::::::ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  とはいえ、ファビオラよりも勤続年数の少ないまどかが相手では。
  大した情報も得られないだろう。
  聞いたところによると、最近入ったばっかりの新人みたいだし。



  /: : : |: : |: : ,.斗┤ l,: : : :/ / '斧孚/,(__,.`~`リ\|: : : : : : : : : : : :,!: : : : :
  ,!: : ::/|: : |: : : / |,!  l,: : /    ゙ {//////リ  /  |: : : : : : : : : : : :,!: : : : :
 .,!: / .!: : |: :/ ,,≦ .∨      込;;;;斗'゙ '    .|: : : : : : : : : : : ,!`ヽ: : :
 .|/  .|: : :|/.,ィ斧゚ ’          ̄        |: : : : : : : : : : : ,!ハ ヤ: :
     .!: ::/| ゙1//|  }      //////     |: : : : : : : : : : : ,!  } .|: :
     |: / } ゝ=゙                   ,!: : : : : : : : ,!: :,!ハ  リ: :
     .!'  .| // ´                  .,!: : : : : : : : ,!: :,!   ./: : :
       |                     .,!: ,!: : : : : ::,!: :,!斗./: : : :
       !       r- 、            ,!::∥: : : : ::,!: ,!,. <: : : : : :   ……ひょっとしたらなんですけど。
       ヽ、       ¨´           ,!/,!: : : : : ,!: :/!: :,!: : : : : : :
        | >、                 ,!' ,!: : : : ::∥/.,!: :,!: : : : : : :
        |,!l 丶、               ./ .,!: : : : :/,!/ .,!: ::,!: : : : : : :/
        || !: : : :丶             ./ .,!: : : ::/∥ ./,イ:,!: : : : : : /!:
         |! .|: : : ::/ >,,,,........... 〟      .,!: : : / ./ /:/,!/: : : : : :/ |
          |: : ::/   |: : : : : : |: : ::ヘ    /: : / / .// .,!: : : : : :/  .!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  おお!


324◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:04:43 ID:lRhAemK60

            ∧         __ ヘVミx   〃  }}
    \  _{{_}L -‐''" ̄     ̄ヘV‐㍉〃~-、j!
    _ `ミ_ >''"            ヘV  l  }  \
    !i ̄~`㍉/          ヽ   ヘV j  j
   ll //         l    l  `、  ヘV  '
    V /      /  /l  |ト、  、    / ノ  / /
--‐/ ∨ /    ;  / l   l ! ≒- L_ ///  / /
/__  /  /    j_/-  l  ハl  ヘ__ト イ /  / /
"/ /  /    /l/ ,,,、l / } ㌢ワ斧ミ<ト / / /
/  //j     / { yj笊 l/    代;;;}})〉 {  /{   /
 //   {  {   / l/代;;ハ      乂;;シ ! l /j !  /
/   /} l λ ト、 {{ ゞ;;;シ        ノ j/ノ_人 /}
{  / l  l / ヽlハ        "     /イ  /  )/ j
j/   { ノ イ/  ヘ        ー ''’ / j /    ノノ  お嬢様は私を雇った時にこうおっしゃいました。
    j / ノ }{  } }`ー-  ...__...  イ j /    /
   /     八 j/    rヒL_  _jフレ          私と深く関わるには覚悟が必要だと。
            Y/     |    ||「   └ュ-rr‐、_
         r-~Y⌒`ミニ_-|{{-‐彡-ー┴┐  ト、
        /{   〈     _Y~Y_      }  ハ
        / ! i  ヽ     ̄  }_メ   ̄   ノ/ /
      / λ i  ζ     / {| l\    }〈 /
       〈\  ヽl } 弋 _//===!  `ト、  ノ {
      `、     j    ̄/ /  >┴ __}  ̄   i
          \   {   / / /  /        } ζ
         L | / /  ⌒ヽ/       ハ /
             | ∠__ /    ___     {  |
          l  | ⌒    ̄ ̄        } |



        ,ヘ /;;;ノ ―-、_
        {;;_;;r‐"ヘ,,_  ´ `ヽ、
       ,/´ : : : :、 : :`ヽ_(( ,ヽ
        |l : :| : iT :|ヽ-ヘ: l :`、ノソ
      ヾヘ:|: .:!弋i ┬-、,、: :i:<;;;〈
          ヽ : i、   ゙‐'j |l : l :| Y
        _| : l::〉ーr' ̄__,ソ :l>ァ< !
       /´l_><}ャ| | ,ヘ_j.:ソ    …………。
       /   l : :l l |`| |´ -‐_ `!
       /    リノ | l |_.」、./   |
     〉-‐_,.、_'′!/....   \  }
    l三二ニ=、」j/::::::::...../´ ヽ ヽ、
  ノ二二三_ハ_三三二二二ニ、  }
   ̄ ̄ ̄ ̄`´ヾニ二二二二二ゝ j


325◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:04:58 ID:lRhAemK60

           /∧  -―…―-    〃}}
        __// ´          r=ミx《∠..,
        《 ̄ ̄〕´           ||  }}´   \
       \/            || /     ヽ
       /      l    /       |レ'゙ |
        /   i  ハ   厶...,,__ !    |  i|    丶
      /イl   斗/ | /   \ ト、|    ∧ i|     `:、
        从   ムミ、1/  ≧=ミx|    彡, 八     }\
.       /λ ;' r'Y′    r' j!Y   ん)ヘ  ヽ   ;
.     ノイ ∧ハ ゞ'       ゞ ' |  厶イ| ハ ハ /
.         |/ { i :. ゙゙゙  '   ,゙゙゙゙ | /八ル' }′ У   だからもしかしたら、
         乂个e。 ., `    ,.イ| /1           お嬢様には何か後ろめたい秘密があるのかもしれない。
           |/   __fチ=¬/ └-ー=ミ
             //`r‐r―</    ヽ       それがパチュリーさんを傷つけてしまうから、
              く  ‐Lノ、   〉              敢えて遠ざけたのかもしれませんね。
              γ´ \//ト、  / /       〉
            八 ′ / / ! |\/ / _,. -‐ ´{
           | {  〈ノ  凵   ヒ´    /
           | 、           〈    イ



          ,  - ―‐ー‐ -  、   ,、
    /|  ,/      -=、`ヽ  `ヽ/_/
    ヽ, Y"  ,,. ィ、 , ィ ni 、__,) }、  _ ヽヽ
     /Y ,. 〈! !`' ´!´!::!ヽ __,,ノ lト、ィ 〉ヽ 〉
     y'〉Y^Y: : l: : : l::::!::!: : :',: : : !l: : Y、,*、
    <´/、_|: : |: : l: : : |::::|::|: : :_|__l|: : |.:| rヘ ヽ
    `'l_l'-!: : ! '''T二.!::::!└´‐'ー-リ、 !.:|´  V
        ゙'イ^´!弋_フ:::::::::::弋__フi : :`!.:|
        | : : ヽ '''  、   ''' /: : : :l: !
         !: : : : |丶 ,. 二 ィ'"!l.: : : :ヽ',
       /.: : : : :lィ'´:lヽ_ノ|:ヽ、! : : : :ヽ!
       ,/: : : : : : !|:.__N | リ:.:.:|l.i: : : : : :ヽ
    ,、〈: : : : : : /-ァ/ヾ ! ∧ヽ、!ヽ: : : : : :〉 , 、
    〈、 ヾ,: : : :,/:.゚:ヾ、:.ヽノ:.:.:.ヽ。。゚;ゝ、_, -,'_'"__,!
     >'‐`i ´i|:.:.:.:.:.:`>',,,. ‐''":.゚゙゚゙゚§:.:.ト、二コ
   , 、 ゝ‐'",!:.:.:!',:.:.:.:.:.:.li"。:.:.:.:。:.:.:.:.:.§:.:.ヽ,: : } ,. -┐
  '‐- `ミァイ;.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.l|,_--_、:.:.:.:.:.:§|:.:./`(´ー-r'
    <´,イ― ァ'''"'7'''",.ニニっ`ーrー- 、=、_,_,!`'ーr'
     ハ`: ヽ:.:.i:.:.:.:.:| 0`ニニつ  0}:.:.:.:.:ヽ:.:./: : ,イ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  筋は通る。あの格好つけがやりそうな事でもある。
  仮に私が同じ立場にあれば、レミィの事を思って遠ざかるだろうし。
  しかし、何故このタイミングでという疑問もある。


326◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:05:13 ID:lRhAemK60

       , ‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙'' 、-- 、
     ,「 `7  _,r─-、__.、__)  |, ヘ
   /´\| / _/,ゞ'"´ ̄`ー--、へ.,__ノ./┐
   \  ∨ r'/ /  ./|    `'ー-、ヾ-、」
   ./ >-r´/  / -|-/、|   , ,ハ   ヽ }
   { r‐''´ ,'  .,' |斤テr‐|__/|_/__.|   | |/
  r∨ ,  |   |八弋_ソ    ィテ、|/  //
   く.'Y i   |_//⊂⊃     , り /、/`
   `| |     |' |       ⊂| ||
    .| |     |   、     ´  人  、
      、ヽ  .!   \ 、.,_,. イ   \ ` ー-、/7
      \  人     ヽト、_|人     ー--} }ー-、
       ン´  \ ヽ   )__]\_>-- 、_.ンノ、  )
      /      )ノ rイ-┐、| ハ \  く_r'  |/
     ./  /   }ン|__]┬ ' __|__ ヽ、 `ヽ
    rヘ. /     /  |」 ||||::::::::::::::::::ト、ハ   ト、
    \ \     | /|  .||||::;: -、‐-、|_.り   ノ )
     l__rヘ.__r-、_∨ /} lア ̄ヽ }  } ノ| /レ'
       \ ヽ--<> '´     }__} __ノ  }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  私もかつて、レミィから忠告を受けた人間の一人だ。
  まぁ、それを無視して深く付きあってしまっているわけだが。
  そんなの今更だろう。遠ざかるなら、高校の時にそうしていればいい。
  昨日になって急に、心変わりでもしたというのだろうか。


327◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:05:34 ID:lRhAemK60

                      , ´ `ー--―一'Y´  ̄ `ヽ!ノ/ /
                    /          {     }//
              r'        ∠二ヽ ゝ、__/`ー、
              i         _   _} }´く⌒L,--、, ノ
                 /   _r、 k´ヾゝ_ノ\  ヽ  Y^>
              /  ∠いく_〉 \__ゝ`ヾ、   }   }´
                {、_〃し'  ,' ,'ヽ`ー`  _, }      i
              ト、ハ ', レ' _ \l rfニ7 {'   i  ハ
                く_人', ' ,{rtー;       i    i   ハ
           /〃i ヽ ; ゝ `   ,    }   i   ハ
          く// !  レ'^i ゝ    , ー   {     i     ` 、
              ./  .!     .ト、  >  _ イ!     ',       }
             `^´     i \ ヽ__ノヽ  い   {_      ,'
                     j |  /,-、 !  ヾ 、   ヽ、   ,'
                     ハ i! / /}メ r'{\ゝ   ' ,\__
                 /   }il レ'i  ト、_ノ   ハ     ',   `ヽ
                  / y'// {  }  [o,   ,'   ',   }     }
             ( /   /  } ノ / ̄i  ,' i  ',   /i     i
               /  / _ν/ // i  ,' i   } / i.     i
               (  , ´r‐'   /¬_r‐'!, /! i   iツ  i     ト、
          ___`y  i, _/   //  }/ { ハ  `ヽ       ヽ
       └-一7くYk='7/i    Y   j  i  ',   }   __   ヽ
              / i\_/  !    i  /   i   ' ,  i__r‐' _」     !
           く__」   ヽ   i¬_,t_iー┤  ヽ___厂Y〉K´ー┐⌒`>_}
          (   ノ  〉  !    i   lT ̄ ̄`ー-,{_,! ,.'^ヽ_! .i´ ̄
            )_(  / ,  iー-一' ` _jl       〈   从       i
              ´  \,' 〈  .!r‐t_〃__,.へl     _∧ {  `ー--、_}
                〉 i  // /コ/\ー<、    ヽ  , ーy' j
                   /   !ー' /ア/  , ´     `ヽ   \ ヽY´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  分からない。分からないが、ココにいてもしょうがない事は分かる。
  待っていてもレミィは戻ってこないだろう。
  メイド達も、これ以上は何も知らない。
  この屋敷に居たって、ただ無駄に時間を浪費するだけだ。


328◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:05:56 ID:lRhAemK60

          /           `ー、_
         〈              ヾ 、   `⌒\
        _ヽ____         ノ |       \
       r‐く  f´ ̄ > >‐―ト、二´_ノ        /
       |  ∨   く_´/⌒V-―vく⌒ヽ、     {
      /⌒V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヘr、___x'´
     └、___|::::::i:::::::::l::::!::::::/::::::l::l:::::::l:::::::`7 ヽ. く \
         |::::::l::::::l::|:_」__/ |::;イ::ナ::ァ:|:::::::::Tーハ \ \
          "⌒ヽ、ハ|/xく /' x.マ"rリ|::::::::::|:::::::::!.  \ ヽ、
             l:::::ハヘリ     ゞ''|::::::::l:::::::::|  /lフ´ヽ. |
            ./:::/::ハ'       '''' |::::::::::::::::::::l ,/:::|    ソ
           /:::::::/::::;> 、`’,. ィ_,,|::::::::::::::/:::|/::::::!
          ./:::::::::::::/::::ノ^ヘ r'⌒./::::::::::::/、::::::::::::|
         /::::::::::::::::/ にフト、フ /::::::::::::/ l∨::::::::|
.        〈::::::::::::::::::ト、 レ/レ'/::::::::::::/‐r.  〉::::::::!
         ヽ::::::::::::/〈.  ///::::::::::::::::/ -、 Tソ::::::::::|
            V>‐く  >//、{::::::::::::/    |::::::::::::::i
         く/:「ノ| 〉′/  >rイ , 「 フr''"|:::::::::::::!
        /77::::::::{ 7   く/::ヘ_〉  V⌒ヽ|:::::::::::::|
    r‐「^///::::::::/ /    /::::::::/|      |::::::::::::::|
    /7 |.///l:::::::/ /     /::::::::,' |      |::::::::::::::|
   .//7./// !:::::{ ,′    i:::::::/ |      |::::::::::::::|
  ///'///にフトく '       >rく.   |      |::::::::::::|
 .///,〈〈〈_/:::トノ     く_/::ト、ゝ |      |::::::::::::::l
  \\.\\l::::!         |:::::|  ハ.       ',:::::::::::::!
   \√にfV        ハ:::/  /       '、::::::::::|
    く_/^フ′         }/  ,′        ヽ::::;:|
      `^/ /        | |             V::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  お礼もそこそこに屋敷を後にする。
  この問題が片づけば、また泊めて貰えるようレミィに頼みたいぐらいだ。
  あのベッドと料理には、それだけの価値がある。


329◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:06:09 ID:lRhAemK60

                                        _
                                   _      |;:;:;:;\
                                /   ` く ̄ ` l;:;:;:;:;:/
                          -‐└'⌒ヽ   ,.__   ゚。/.ヘ
                       /    |\_/ノ  /  `V/;:;:;:}
                       '    , `ー-z‐ ' =彳 ⌒ヽー'
                      /     .イ /⌒V    (厂\ \
                    /      {.く::!::::::::::`ト¨¨¨´:、\::ヽノ
                       {    _ノ   ー}!::::\:::::::::\::::::}:::::::::::\
                   r ーヘ,__´ ̄ヘ _ノ:!:::!:::::|、::::::::::〉Vゞ、::::::::::::\
                   |   ⌒),∧::i:::!:!|:::l::::::!_\〉`えソ ハ::::::::_;rヘ〉
                  _ヽ   WしⅥ::!:!|斗笊冖    `¨¨ ∨/:::\
                    |  \_,ノ〔  }|::|八弋ソノ    '   从::::::: :: . 、
                    └‐ '/  l八ノ:|::|::::个ー         ∧:::\::::::: : : : ー‐. 、
                         \_j彡':/|::|::::::|、       ‐  /::::l::::::::::.、:::: : : : : : : : \
                  ,......::::::´:::::::/::/:::|::i::::∧`     _ .イ::::::j::::: : :i \::::::::: : : : : : : .
               _,....:: : :::_   ‐=彡'::::::/:::/|::l::/::∧    / ̄` < ̄`ヽ: |  \::: : : : : :; : }
           /: : :_ - _. .: :´:/: :::/:::/:::!::/:::/:::|\___ {     >  V     ヾ::. : ::/: ::|
             /:厂 _. :::´::: : /: : : :/:::/:::/::':::::::::/|     {  厂 ̄     ‘, _ ノ.: :/: /
.            /:/_. ::´: : ::_ '/: ::;:::::::/:::/:::/:::j::::::|:::/|  {、 `Y゚:}       y' .:/.: : /: :/
         /.:'´: : : :_ -'  /.::::/:::::/:::/:::/:::/|::::::|:::/|\j、\_j〉{,___ヽ{  {: : {: : :::!:: {
.       /: : : ; : :_ '   /. :::/:::::/:::/:::/:::/ .!::::::!::{人  ` 7Y⌒ヽ   }: \ \:: . : ::.: ::.、
     ,: : : : /:/    /. : : :/: : /: /:::/::レ′{:::::::::::i::ハ   |∧ヽ  \j   ヽ  \:\: : : \
      ヽ: ::::{:::/     /.:::: ::/: : /: /:::/::/{\ {:::::::i::::';:::::::.  {_/ハ ゚。     . :i   ヽ: : : : : : `ヽ
.       \::::{     /.: : : :': : /: /::::;/ ヾ:::ヾ:::::';:::::';:::::::ヽ \!、 ゚。. : : : : : :|   _,_)、: : :ト、: : :}
        '/     /. : /\厶宀彳 /  \::. ::';: : ';:::::::::::.   !  。: : : : : /  ィにに`{ ̄\)_:_!/ ̄}
.          {::、  ./: : :{ 、__{    ,' /       ヾ: :';: : ';::::::::::}  |  。: : : :.:/ ィに'   {    {___}    }
          ヾ:.、 ': :/:└ヘ'八  .: :{       : :';: : i:::::::::j   .! 。: : : : :{ {にハ/   {_/ ヾ\_}
            /:} |::/: :/`'マ匕ト、 \:`: . __,...,  ', ';: :|::::::/|  , 。: : : :l )〕厂∨   ハ_) ̄`}:::::\
.           /::/ j:' : ::!: : ::∨,rく\  `¨¨¨¨´  _ i :::::j::::/::j   'i| \:_:_:_j ,})   V   / \/.}:/:::::::}
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  とりあえずレミィのマンションまで行ってみた。
  窓にはカーテンがかかっている。合鍵を使う勇気はなかった。
  ただしばらく見つめ、そのまま踵を返す。


330◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:06:29 ID:lRhAemK60

          /        >'´ /  .i!
        /     ,.-    ,,r=ソ`ヽ、i!
.       _ ./  ,.-ァ イ ,_r'=シ:::::::ヽ :::: ヽ、
      / フ  / (_ノ.i:::::::::::l :::::::::ヽ :: ヾヽ
     /  l   ゝ、_.._ノi:::::::::i |:::::::::i>i:::::::,>
     ヽ_i!ソ .iイ:::::::::::l: :l :::::::|iヽ :: 」 , イ
    </ /レ,イ::l ::::::::: l>|__l __  ̄r''} |
    /  /.(./|: :l_二イ ニ,rxiト''  ヾj l
.  ,<`ー=' ./.7::::::::::::::::::代z ソ    , /、
  ヽ、ヽ/`ヽソ.ノ ::::::::::: l:::::::'`ヽ、   ,/ :: ir 、
   ソ´./ソ' ::::::::::::::: l ::::::::::::: `<´:::::::<`i),コー'/__
    /,'//::::::::::::::::::::ヽ, ::::::::::::::: `i>ヘーレi ::::::::::::: `ヽ、
   _.i!=' ァ':::::::::::::::::::::::: ヽー=' ̄ ̄>ー=>ーl`ヽ:::::::::、一
  / .i! ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ      r ,.> ̄¨゙´ /、:::::::::::l
.    l .l ::: l :::::::::::::::::::::::::::::i!ヽ      (  ヽ (∨ `ヽノ
     i.l : :i.l .l :::::::::::::::::::::::: l ',',.  |,.二__,ヘ |r'一
  _r'、,.i :∧'; l :::::::::::::::::::::::: l、i! i=))   `<
  ,i i . ∨ ヽヽ:::::::l ::::::::::::: / __i_ヽ `ヽ、 l_______
  |ヾー,__l  .|ヽミ、: l!.::::::::::::,'|l::l|:;o:;;:;|    `ヾ、,:;:;:;:;:;:;:;:;o |
  ヾ_ ヾヨメ._.|::|ニl`ヽi、:::::::/:|l::l|;:;:;:;:;:;ヽ     l :;:;:;:;:;:;:;:;:;|
.  ,/´`ヾ=i=|l/ ∨.| ::: /'´|l::l|;:;:;:;:;:; |ヽ    ヽ, ;:;:;:;:;:;:; |
.  l />、 i | .|  /|,r'| :/ . ,r|l::l|;:;:;:;:;:; | ヽ .r'ヽ_r'ヽ,__ :;:;:;:;|
.  ' フi iノ     ,/ レ'  '....|l::l| ;:;: _r''   レ'´`ヾ' >;:;:;:;|
   '´ i!|    l      |l::l|;:;:;:;i!、 ,イ _   .,__ζ´;:;:;:;|
          ',.      \|:;:;o;:ヽ,=ノ )二彡ノ'ソ;:;:;:;o;|
            〉  ヽ、    ̄ ̄ ̄〉、    /ノ ̄ ̄ ̄
          ,〉     ヽ      //`l | /'´i、
          //               /  `し' / .ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  一応、メールはしておいた。当然、今になっても返信はない。
  あるいは私との縁を切るつもりなのかもしれない。
  どうして。何故。今になって。分からない。
  ああ、何も分からない。


331◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:06:40 ID:lRhAemK60

''"´             ト 、  ノ ', |
       ,,_,,.. .-ー''"ゝ,,ゝ、`´ ノ j
,,_,,...-‐'''""      r‐tーっ `""''ヽ{
,へ、  ,,,.. - '"'ー-''": : : `と",,. -''"`、''"|
: : : `"´ _: : : : : i: : : : : i: : : : _: : : ',: :',\|ヽ、
: : : : :i: : :`''‐--;ィ: : : :,イー'''´_: : : :i: :',: :!ーミ
: : : : :Nー''''""" 三三  `"',: :''ー-V`; :i;;/
: : : : :|  ⊂⊃  三 ⊂⊃ ',: : : ',: : |;/
: : : : :| 。ι   三三   ゚ o',: : : ',ノ
: : : : :',      /"''"''"''i   ',: : : `、
: : : : : `、    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:!    ,': : : : )''7
: : : : : : :)  /::::::::::::::::::::::| , イ: : : ;,ノ>、{
: : : : : :ノ`'''‐{ー--,--‐‐''"m、 i`"´Yヾ `、
、_,,と‐イ"´iイ`''ヽノ`''‐- ,, | 'ヾ`、__ ノ ,.i  i
  -と"'' ヘ}`"ミ()彡´{ ヾ''"´ ̄ |`|ー'"i
ーノ"ヾ、_ソ}_,,...ノiヽ、 {`、       ! |: : : :|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  頭の中がモヤモヤして、思わず蕎麦をおかわりしてしまった。
  月見蕎麦の後にもう一杯月見蕎麦という暴挙。
  卵&卵のハイパーコンボは胃にも財布にも優しくない。
  満腹状態で店を出た。げふぅ。


332◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:07:03 ID:lRhAemK60

           _,,.. -───- 、._    /\
        ,. ''"´       `ヽ  ヾ' 、/-‐- '、
      ,:'           ト 、,__.ノ   } ;'      ':,
  「`ヽ{、 __、 , -─,ゝ.,_ _ _ノ_、      ノ─┐
  }_rア´r-、  `ヽ, -くァ'":::::::::::::\ >、--<ヽ_」
  _/:::::::, '"ヽ--‐'´:::::::::ヽ:::::::::::',:::::; ヽ }    }
  }:::::::r/:::::/::::/::::/:::::ハ:::::', | イ|:::::|::::ト、_ \  ノ
  L;;;;/;::::::::;:::::;:::::;:::::::| |:::::| |;;;;;」ニ、_」:::::|ヽ ` ̄`ヽ
  く._ヽ| :::::|l:::|-┼l|::::| |;;;;;|ァ"ソ ハ}| |!:::::|::::|ト-、 _}
     |:::::::|l:::|_j」ニl;;;;」     乂_,ソ.|:::::::::|::::|:::::|イ_
     |:::::::|_,.イ ソ ,ハ         |--イ;;;」::::/´ _`ヽ
     |:::::::| |ヽ 乂_ソ   ,       |:::::::|::::|:::::し'´/ }`l、
     |;;;;;;;イlヽ.              |:::::::|::::|:::::|/  ' ; }
       |::|;;;ム     i ´ヽ    '|:::::::|::::|::::/     /
       |::|;;;;;人          / |:::::::|::::|´{    _/アヽ.,__
       |::|;;;;;;;;;;|`゙Tlァ=ー-r''  /|:::::::|::::|::::ヽ/ ヽ    `7
       |::|;;;;;;;;;;|  |__r /r }   / |:::::::|::::| r‐'         {
       |::|;;;;;;;;;;;/´ { }__アk'´ ̄|:::::::|::::K  \   }_  _,}
       |::|;;;;;;;;;;;}  |/ く ム ゝ  ',   ; ヽ、   '´    \
       '、__  ノ / / /}l|l{ ヽ. ∨ /   ム K´        ヽ
       /:::::::::`゙''::....、{_////\_」  }三{<.,__]ハ            ':,
     /´ヽ;::::::::::::::::::::://7; ,','  /7 /  ハ\/  {            ',
    ノ ヽ、 }::::::::::::::::::/// { {.{  {_{ ,'    }    '、             }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  これはもう家に戻ってグッスリコースと行きたいけれど、今日は講義がある。
  旅行のせいでサボりまくったし、さすがにもう欠席は出来ない。
  留年するのは御免だ。


333◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:07:19 ID:lRhAemK60

             _,..- ‐ -.._
          iγ‐ソ   ,..、    ヽiシヽ
        ,.i ̄ミミi´ ,、/ フヽ_    >コ
       i.└</~ il :: / ::/>ァ'´ ヽ )ーァ
       ヽ_/ノ / :::: | ̄ニ=/ レ| :::: iヽ‐'
        ̄フ / :::: ⊂)  ̄ ̄ ,. ニァi
        / :: i':::::::::::|ヽ、 ./ ̄ミミヽ.っ'-ァ
          l :::: >_:::::::::レ'    `''/''´.;'
          ! :::: <_ ~~i=-ッ、    / / ;'
       ヽ:::::::i::::i=<~ /-ァ'   / /_ノ
        ヽ,-'´'  ヾ'iノ`ヽ、,.../_ソ''i
         <     l><l i i il><l  |
          ー、   i__i_i_i_i_>_,./
           `~~ヽ-'∨  ∨
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  講義を受ける。前回の講義に関してはノートを見せて貰えば済むこと。
  ただ親しくない人ばっかりの講義は、別の手段を使っておく。



.                ,...::':´ ̄`:::...、
             /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.             ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.         イ:::;::::i::::i:::::i:::::iノハ:ハ::::i:i::::i::::i::::i
         {ハ::i:: i::::i:::::i::ハi/ V:i::} i:Ⅵ:i:i::::ハ
         {i ハ_i_i::r===z .r===z:i^i^iヘ
.          /:::|,.|.|:{i    ii=ii    .i}:| r,.i:∧
         /:::/ノ.}.}:ゝ===゙   ゝ===゙::} |、{::::∧
.        /:::f/}i_{::r,\.  _ ' _   /:ハノ |\ヽ:∧
       //{ 〈i ' .{ V >  .<  .i .i  i } |\、
.        /: :∧ ヽ、  V  /ー∧  ./  ,.‐  /: : :.\
     /: : : : :∧  ヽ }ハ_人_人_,i{  /   ./: : : : : :.:\
     ヽト<: : : :.ヽ  } .i::ハ  |:.:.| .i:ハ   ./: : : :,>''´i/
      |  \,_,/   ハ:::i. |:.:.:! i:::ハ   V:_>'´   ./
.     |   /l _∧   ハ::::::! .|:.:.:| .i:.:.:.ハ / .Vi    ./
.      ||   i: |    ̄フ|::::::|..|:.:.:.| i:::::∧´    i∧  .i::|
.      |::!  .i:.∧ へ  ハ|:::::| |:.:.:.:|.i:::::|.|     ,}:∧ .i::|
.     |::| ∧: : ヽ  .}: :i::::|.|:.:.:. |.|::::| \  /: : :/ヽ|::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  読子・リードマン。
  何をどうやっているのか知らないが、彼女は全講義のノートを持っていると言われている。
  実際、本当に持っているから恐ろしい。
  ずっと部室にいるような学生なのに。謎だ。


334◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:07:34 ID:lRhAemK60

        / ̄ ̄    r、丶
       /           丶 丶\
      ハ 、,ヘ _  ∧    / l、 /\
   /ゝ-、_ /  丶‐ィ { ゙ ー ''  ノ ,ハ /]
  <  丶      /  >─r イ_,. \|‐ァ'
   丶__> ‐''"//-/ ア ̄リ>    \ハ
    / イ /  rァT!__ノゝソ ノ /丶ハ_/ ハ
    / /  〈 〈 ゝソ   '''∠イ     /  丶
   |/\丶人ハ''''   r 、   /    /   \    ノート借りるわね。
   !  /∨ 、 `> .、,  rイ/    /      丶
     ./  ハ  く丶!/|/   / />   丶  丶
    /   / 丶 <_ 八 _ |    / / へ    |  ハ|
    〈   / ':;'  ,':;'  丶  / /   丶 / /  /
    V  / ,':;'  ,':;'   >rイゝ     ∠ イ/
  [__>「7ゝ ',:'; ! ',:';  く/ ヘ_〉      丶/
    /ハノ_丶、',:'; ゝ',:';  /ハノ丶、 __ ,.-、__/
      /  T',:';  '',:';  ハ  /  へ    ゝ
      /  </,':;'   ,':;'  |ヾj /   /
     / . </,':;'  _ ',:;  人/   /
    ./ / </,':;'./ /\t ヘ     /
    / /  </ / /   / / 丶_  | 丶.
   <  /  <|/ /     レノ / .ノ    \
  < /  / /          \       丶
  /   \ \           \  /  ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  とりあえず、大事そうな部分だけ写しておくことにしよう。
  基本的に持ち出し厳禁だった。写すなら部室でやるしかない。
  読子は喋らないし、五月蠅いのは来ていない。
  これならすぐに終わるだろう。


335◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:07:50 ID:lRhAemK60

       ____      _,.. <''ー―――‐-zz_
        `ヽ、. ヽ  _, ィ<            __` ヽ.<¨¨¨¨¨,>‐ヘ
    | ̄¨=z.__ヽ, ィ<´           ri.   `ヾヽ  `ヽ<´ __」
    |     r'´                ハ    ノ ヽ    ヾ´  .|
      ̄ ̄ ̄ヘ   _    _ _   l rニ_― '   ノ     ト 、 |
        _У ̄  `z<__   ヽ  У  .\_/ .\r‐―'ーzヽl
         l .ヽ`ヽ   |.    ヽ   l ´   /. ヽ    .>,   /く \
          V、 ヽ. ヽ  l.   ,イ´ヽ    ./i ヽ  l  ./ 、 l // ∧  /
.         'ー=z_,.イ`ヽ i ./ーl: : :.iヽ、_ /ハ: :i!;| \__/ヽi! :`Yー'' j. `´
           ヽ、|、: .:i!フi.!  、l: : :.:i! l: : :.ト1 l-|ヽ,: : ヽハ .l: : :.l   /
       r、.,_   .l: : l、!il_iz、,_  l: : :.ハ l: :_」 .レi | .lハ : : ヽソi: : :.ト、/l
. .   ,.r_三ニー >z'./: : .l. V;心zァ ̄` . 二---- |ァl lハ_/ lフ: : :.l: : :.l
  ./___    ̄ ―‐   `>'.ゞ==''       .弋三リ|' i!l: : : : :.|: : : :.:l: : :l
/                    ` ヽ、.  ,  _,...≧三'‐'ー==¨¨¨¨¨¨ニ三_
                     `ヽ./ ____            ヽ_
                     | /        ` ー   ___ \
=========zzzニ__-z .   ヽ ↓'           <ニ         ̄i!
三三三三三三三三三`i≧z、ー===='三lニニニニ≧Zzrz.、二_  -    i!
.、 三三三三三三三三三三 ハ .三三三三 l三三三三三三三三三≧Zz.、二_ i!
. \ニ;三三三三 ,.-,.三__ ;三;ハl三三三三i|三三三三三三三三三三三三三>
   \;三;__ ./ ノ./ /', ;三;ハ三三三三|ニニ三三三,r―--<__. ヽ三,.イ¨´
    /\ l ヽ  l / ,.'7 l ;三;;ハil三三三;i|三三三三ハ ヽz、. ヽ '< l .l
    / />、 l  '  '''  /,r ァ三ハ.ニ三三ニi!三三三三_r.ハ_ ヽハ. '  V. .l
   /  '´ ̄|     ( .ノ ̄l=z'zニ二三レ'''´l ̄: : 八  ヽ  `    ノ.l、 .l
  ./     .l      ソ: : : :.:.i!: : :.,∧: : : : :.:.i.: :/i / ヽ  )    /  l ヽ l
  l       ヽ   __,イ三三二==ーz_>ニ=ニー-;/  (    _,.イ    l  .l
   |      ハ/ ̄  l , ィf'.7: :く¨ ヽ三`≧z: :`ヽ_/   l ー- ' /     l  /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  うむ、完璧。これならば居なかった分も何とかなる。
  代返を頼めるような奴がいれば話は早かったんだけど。
  まぁ、出席の方もあと全部出れば大丈夫でしょうと思いたい。


336◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:08:11 ID:lRhAemK60

              /           ,,,,__ノ', ,ゝ- 、
        /`"''‐jレ'´|          ゝ、__ノiニ=  `、
       /     ソ▼~  , へ、    ‐'''"~"''' ▼   ノ
        .▼、__ソ __,,/⌒ヽ、,,,,......,,,,_,ヘ...,,,__,,ノ~` 、▲'、
        ,イ  ,レ':;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;`、つヘ
        .< r‐'' |:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;|i:;:;:;:;:;:;ハ _,,,...>
          `t..,,_|:;:;:;:;:;:;:|:;:イ   rv      rv リ:;:;:;:;:;:|ソ~
              |:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   | |      | |  |:;:;:|~''リ
             |:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   U        U  |:;:;ハ
             |:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ,,,        ,,,|:;:;:;ハ
           ,イ:;:;:;:;:;:;:;:;:|、     ─‐    ノ:;:;:;:;:`、
          /:;:;\:;:;:;:;:;:ヘ`">- ..... -<´i:;:;:;:;ノヘ)
          ./:;:;:;:;:;:;\:;:;:;:;:;ヘ-‐''"<  >"''ー-|:;:;:/
        (:;:;:;:;:;:;:;:;:;}>□<{  `Y´  }>□<{
          ~"''‐-uノ  |:;:;:|   ▼▼     |:;:;:|  `、
              ハ  |:;:;:|  /ハハハ\   |:;:;:|   ',
                ,イハ}>□<{´ ハハハ `}>□<{ ハ
            ノハ,,, |:;:;:;| ハハハハハ |:;:;:;|  ,,,ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  と、気が付けばもう夜だった。
  かなり集中していたようだ。
  色々と悩んでいる時は、得てして何か没頭するものを探している。
  さしずめ今回は写し作業だったのか。



.                ,...::':´ ̄`:::...、
             /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.             ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.         イ:::;::::i::::i:::::i:::::iノハ:ハ::::i:i::::i::::i::::i
         {ハ::i:: i::::i:::::i::ハi/ V:i::} i:Ⅵ:i:i::::ハ
         {i ハ_i_i::r===z .r===z:i^i^iヘ
.          /:::|,.|.|:{i    ii=ii    .i}:| r,.i:∧
         /:::/ノ.}.}:ゝ===゙   ゝ===゙::} |、{::::∧
.        /:::f/}i_{::r,\.  _ ' _   /:ハノ |\ヽ:∧
       //{ 〈i ' .{ V >  .<  .i .i  i } |\、
.        /: :∧ ヽ、  V  /ー∧  ./  ,.‐  /: : :.\
     /: : : : :∧  ヽ }ハ_人_人_,i{  /   ./: : : : : :.:\
     ヽト<: : : :.ヽ  } .i::ハ  |:.:.| .i:ハ   ./: : : :,>''´i/
      |  \,_,/   ハ:::i. |:.:.:! i:::ハ   V:_>'´   ./
.     |   /l _∧   ハ::::::! .|:.:.:| .i:.:.:.ハ / .Vi    ./
.      ||   i: |    ̄フ|::::::|..|:.:.:.| i:::::∧´    i∧  .i::|
.      |::!  .i:.∧ へ  ハ|:::::| |:.:.:.:|.i:::::|.|     ,}:∧ .i::|
.     |::| ∧: : ヽ  .}: :i::::|.|:.:.:. |.|::::| \  /: : :/ヽ|::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  読子は相変わらず読書の真っ最中。
  本当、いつ帰っているのだろう。
  これだけ遅いのに。帰る気配は微塵もない。


337◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:08:31 ID:lRhAemK60

               __, 、_
            /    ,、_   `r'⌒L
           / ,r‐'´´´_,,、、__ノi ヽ/ 」
            i,.>' , ‐l´/l/リ`,/lゞ  ゝ ,/j、
           ゞ>'´ l === ==、ハ_」 〈 h )
            l  ハ_」    __  ) ,!  i ̄ ̄フ
            |  i |、   `´, イ,ソi   |   ,'  助かったわ、ありがとう。
            |  i.,ゝ,ヽr  ‐、´ ゝ ',─‐'   i
            |/  ', ヽ_ノ ゞ i ./      /
           人__/´i  ', r'´`iノ___/
             /   / iヽ ノ  i>ロくi i
         /__/  />ロくi  ソ 〈ノ
         `(ヒ、ノ/  / ソ  l`ゝ\l
            `´/   /  ,!  l l `, ヽ
           /  /  /  ,! l `, `、
            /  /  /  /  li  l `、
           イ /   /   /  ll、  |\ l
         ノ /    /  /   l l  |  l l
         レ´、ト、__,/  /    l  l ,!  l  i
               トー-'、__  j_,!_/_├-'
               |   /  `´ \  l
              | /        \!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  レミィやクリス相手なら、これで見返りの一つも要求されるのだが。
  読子がそういうものを求めたことは一度もない。
  気を遣って持ってきても、むしろちょっと迷惑そうな顔をされるぐらいだ。
  以来、誰も彼女にお礼をしなくなった。



.                ,...::':´ ̄`:::...、
             /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.             ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.         イ:::;::::i::::i:::::i:::::iノハ:ハ::::i:i::::i::::i::::i
         {ハ::i:: i::::i:::::i::ハi/ V:i::} i:Ⅵ:i:i::::ハ
         {i ハ_i_i::r===z .r===z:i^i^iヘ
.          /:::|,.|.|:{i    ii=ii    .i}:| r,.i:∧
         /:::/ノ.}.}:ゝ===゙   ゝ===゙::} |、{::::∧
.        /:::f/}i_{::r,\.  _ ' _   /:ハノ |\ヽ:∧
       //{ 〈i ' .{ V >  .<  .i .i  i } |\、
.        /: :∧ ヽ、  V  /ー∧  ./  ,.‐  /: : :.\
     /: : : : :∧  ヽ }ハ_人_人_,i{  /   ./: : : : : :.:\
     ヽト<: : : :.ヽ  } .i::ハ  |:.:.| .i:ハ   ./: : : :,>''´i/
      |  \,_,/   ハ:::i. |:.:.:! i:::ハ   V:_>'´   ./
.     |   /l _∧   ハ::::::! .|:.:.:| .i:.:.:.ハ / .Vi    ./
.      ||   i: |    ̄フ|::::::|..|:.:.:.| i:::::∧´    i∧  .i::|
.      |::!  .i:.∧ へ  ハ|:::::| |:.:.:.:|.i:::::|.|     ,}:∧ .i::|
.     |::| ∧: : ヽ  .}: :i::::|.|:.:.:. |.|::::| \  /: : :/ヽ|::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  そう書くと、私達がとても極悪人に思えてくるから不思議だ。
  まぁ、彼女には彼女の理屈があるのだろう。


338◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:08:49 ID:lRhAemK60

                       ト、
            , -、,r――-、| .ヽ
           / , 、       ./  .}ー、  ,r--、
       ,  '"´  .{ /  ._,/  ./  Y´:::::::::::|ーi
   r==-/ r.、   l/ _`ー--.イ′  Tー=== 'ー-、
   ー--/  ヾi,r==vf´ーヾl,frニヾー-,/ト、ーヽ::::ブ  /
    /./  ,∠ { i  し' l `i´ l ー'`ヽイ ゙`ー-   ,{
   ーイヽ ,{ /`´l l_ト, l .lー }リ-l   i´Tつ ヽ r='´
     { /ニ,i l ',.', l リl,リ |,/ ,リ|   .l l l イl- r-ソ
     `ー-fl ヽ lリ,r-、   Tニニi   l l lー''´
       `|  `l .ヒニi   .'ー='l    .l l |
          l   .ヽ、  , 、   l    ll |
         }    l`, ‐-‐ イl    .| .|
          |l    l'  /∧j, l     | .|
          /.|    } .//介l},/|     ト, .|
       / .|     lイ/ l l l |/{   ./ ヾl
      .{  ',    }イー=-=,l_/ / ノ ヽ、
       >==-r-イ-=、 /人´ {ニ} ̄{  ハ
       `ヽ,__,イ ̄ヾー' .{:{  `イ }ヾ/   .}
        / <⌒iニl ̄l }:} r=fニl<⌒i  /ヽ、
       ./  .Y,イ YT′{:{ .l,イ ト,ー' -'´  ヽ,
       ,}   / .{ ,リl:{ | .|:}  .| .ハ、     _j
         `iヽウ {ヽiル/ l l{{  .ヾル’_}_,r<´ ヽ-i
        { iノ  {;{ {;{ | |};}  {;{  |lil|::::::::ヽ,l.j::|
         ,フ  .// /:ノ | |{:{  }:}   |lil|:::::::::::::´:::|
       ./   }:} {:{ | | | }:}  .{:{  .|lil|:::::::::::::::::::l
       `ヽ、/シ // .l l | .{:{  .}:}  `´ ̄ ̄ ̄フ
         |-}// l l .| l l }:}_{:{,,ィ-==ニニT´
        /::ヾニiーl l | | | |:}Y ̄l  |ニニl|ー′
        .{::::::::::::>j__,|__|__|__|ーlー.|ー/:::::::::::`ヽ
        `ー-―''´      ̄`ヽ、::::::::::::::::::/
                       `ー-=='´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  ……レミィにも、レミィの理屈があるのね。
  そういえば、あの子は出会った時から不思議な子だった。
  強いし、頭いいし、結構モテるのに、雨が嫌い。
  泣いたりはしないけど、雨の日はとても機嫌が悪い。


339◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:09:09 ID:lRhAemK60

           ____ _
  /ヽ./\  ,. ''"´     `ヽ`ヽー 、 |`ヽ.r-ァ、
  ト、 \, '´    r─vート-‐'  ノ  `!   |/  L_
 / \ア´「`ーァ'こ>-‐'ー`' ー<_]‐ァ-'、_/  ´ |
く.,__/ `ヽ>'"´: : : : : : : : : : : `゙<_/ \,∠,,_」
  「 `rァ'´: : / : : : :i: :, : : : /| : : : : ハ\  ハ、|
  く_,7´ ,': : : !/ー─-i,ハ_/ .i、_i___/ | : :Yヽ、]
   !: : :| : : ,| r-r-テ'r     __    .! : :| : :|
   `ヽ|: :., ヘ ! '、__ソ    'ー─‐,;:!_ハ: :!.
     └|: :7,.`           ,,!: :| ! : : :|
      ,ハ ,ゝ、    ---、   ,.ヘ : :! :i : : |
     ,r-─'三三ニヽ∠ニ三三__ヽ: /: : : l
    /´ ̄ ̄.:.:.:.:.::i ̄~`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y: : :/ :l
   .!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| __ : : l
     !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:r-'ヾヽ : j
     .!:.:.:.:.:.:.:___.|:.:.:.:.:.|__:.:.:.{  ノ } /
    . !:.:.:./´   }`¨¨´{   `ヽ`¨i´ノ´
       !./    } || || ||{   ヽ    ̄ノ
    f´^`(_)´`ヽ..|| || ||,ゝ   ヘ   {
    ヾ、_ノ|ゞ-イ. || || || .`7_,、_ _ト- '
      ∠,,ハ_| || || || ||__ィ´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  別にそんなこと、知らなくても何とかなると思ってた。
  だけど、それは親友という言葉で蓋をしていたのかもしれない。
  全てを知る必要なんてないけれど、何も知らなくてもいいわけじゃなかった。
  助けを求めたくても手を伸ばせない。そういう状況だってあるわけだし。


340◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:09:26 ID:lRhAemK60

               ,.-- 、_
            j「Y'´     ``ー-y'´ ̄`!
           [ニゝイ          ヽ.  ``!
            >jユー-‐、_ ,r-、 /^ゝ!ー-、/
            フ厂「ト、厂ス-、 _」| (イ-y ,イ
            / /リ‐j-」1リ十l/´ゝソY^ニ7
             |/l 」Tヴー'Tウリ〃 l/  「
              | ト、' ' _ ' ' '/   j!  |
              { ヾ` ーrrュ<7  /|1   ヽ
             ∧ ,レ'´リ爪/  /⌒,   〉
            /rイ  l/レ'  |   l  /
             / カ〉_/,イ/   /   ト、 _f二]
             / /^Y / / ,ィ´    ヽ1 「ヽ」
              /[ニ>、 j/ソ ,ィフ´二ト、仄「ス `ヽ
             〈  ノ ///レ'ニ二」´ ̄「´ `,  |
           ,ソ ,イ   |/  ,     |  i  j
         / /^レ  ,イ   ,'    ヽ  l ,/
       _, イ  / f  ,/ }  i      ト、/ /
    // ̄ゝ-、{  l / _ノ __」ト、     ヽf j
    ,l/       ,ヽj´ ,イ「`T i     lリ /ー-、 _
    1        /    j1|  | |     レL_     `7
    \    /     |1| __」 L 、 , / ,イ ー- 、 ,/
      \ /      |1二三三ト、  ryイj    _/
       ヽ         _, -‐ゝ-f_ノノ   _/
         \ ー--‐ ' ´     _ _, -‐'´
          \ ___,.-‐ '"´ ̄
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  久々に思い出してみましょうか。
  レミィ……いえ、レミリア・スカーレットとの出会いを。

 ___________|\
[|[||  To Be Continued....!    >
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/


341◆pOgi2U5jM.2014/02/18(火) 20:09:38 ID:lRhAemK60
以上になります。
それではまた明日。


342どこかの名無しさん2014/02/18(火) 20:14:04 ID:rEv/fkdc0

おかしい。パッチェさんが2日も続けてシリアスするなんて


343どこかの名無しさん2014/02/18(火) 20:17:29 ID:VJBuGv0M0
乙でした。謎が謎呼ぶおぜう様、雨が嫌いかぁ
パッチェさんは真相に辿りつけるのか


344どこかの名無しさん2014/02/18(火) 20:25:21 ID:SmCgTjDI0
乙でした


345どこかの名無しさん2014/02/18(火) 20:26:27 ID:Maak27lM0



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/18 20:54 ] オリジナル系 一ヶ月少女 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rusalka777.blog.fc2.com/tb.php/1813-7e18c19f