一ヶ月少女 六日目


    __j'゚i__           ,_,           |
    |('(で,;)..::|          .(G,!        |
    |('マ'6ノ、..|.          ヽ|〃 _,./,  _,._ |
    |::...('z-z)|         ...(,,:) [ii=o] ('ー').|
    `ー――'         i!丁匚匚匚匚匚匚匚i!  r-―=i
                i| |// //  // //!|_|  ||/.|  |
 _______,r――、 i| |三三三三三三三|_|  ||/.|/ .|
            |[ ̄i ̄]||_|ェェェュ!|ェェェュ!|ェェェュ|_|.  \| /.|
                   ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \,|
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ./|                   \
 /_____/.i」               r―-、  \
 |_j       |_j                 iミャ__,,)   \



                          /\ /\
                    _,, -‐=ンヘノ\_.::::\
                     //       _ :::::::`ヽ/
                     ノ /  ..::::;;::::::.... ヽ\:::::..:::∨ ̄ ̄`l
               r‐'::::〈::ノ  _r、:::::::::::l |::::::: l|、 ̄ト、/
              r-‐─〉 ::::::r‐-、__〉 l\゙ー' ノ、: ;: l::::ヽj゙、 〉
             // /|ヽ_〉 / l l |! l l ̄ l (_ ハ/ ∨
            \/∧ノ_ノ! l l,,_|_l |l ! |_,,,_ト l l   |
               _ノノ\_〉、ハ〈こ>リV゙´匕j 〉  !ヽ ヽ、
          , へヽ;;;;;`ヾミ`ヽ、⊥_   l    /_ノ>-─┐、
          〉   l;;;;l;\;;;`ヾ三、ミ`ヽー/ 二三‐二二ニ⊥、\
          ⌒T´::l;;;;l;;;;;;;`'';;ヽ、;;;`ヽ〉//二 -─..''.. ̄ ̄;//  `'' ー-、
         ,,, -─'''>、.l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ヾニィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//\_  、 \
      /,   /く ィュ|::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// ノ  `> ヾ ヽ
 __〈∠l _//| `::ノ.::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;l\〈\;;;;∩;;;;;;;r─-、;;;;//'' ィ、 |  l |、 |
´         ̄ `Y .:::::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、ヽ〉 ヽノ |´∨:::::r‐ノ;;//  \r''  | l ∨
       ............... | ::::::l;;;;:ー-.、;;;;;;;;\    l::::_ノl/ 〈;;;;//l >| ̄丿 ノ!/
           :::::\.. :: ̄ >、;;\;;;;;|\    〉! 、  `ヾ、ヽ:ヽ_ 〈
           ::::::::: ̄ ̄へ  `ヽイ:::::_>、ノノヽ ゞ    !:ノ::::::.  \ヽ_ _
..                _::二-‐''/ ̄ハ:::`ーr-、 `´ィ:::.....    〉:::::::::::..   ̄\:::`ヽ
:::.      ,, ‐''´/.. ̄:::::,::-‐:/:::::::ノ:::::ヽ::::::|:::l:::..:::::::::─-ノ .:::|::.::::::::::      ヽ::::
::::::;;: ‐''゙´  /:::::::::::::/ ::/::::::;ィ´: :: ::::::::::!::::\:::::::::..../::: l:::::.::::::        ::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  レミィの部屋で目覚める。
  朝はカリカリのベーコンとふわふわのスクランブルエッグに限るとレミィ。
  なにそのメニュー。ウチの朝食では目撃されたことがないわね。
  UFOみたいなものか。ああ、そう書くとなじみ深くなった。焼きそば。



284◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:00:57 ID:m05NHbCg0

           _ノ\
        ./>' /  \__
     ///| //  \|⌒´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
     .〉 〉〉| } }'⌒>┘   ___   、
      } } } |_j_j_/}>ヘニ/r―< \   \
     \/  ./⌒>ァ7 >┘/ /: `く ̄>{
__/7  人__/ヘ ∨ { /.―<//| } ヘ∧〈__    / ̄ ̄ ̄
__, {  〉 .{ l { } ノ示ミ'´//示イ  | |ノヽ`ー‐''/⌒⌒⌒
  .\\.〉 } } l ∨l:以ソ   〈ソ∨ 人リ  } ./
     \ヽ∧/ ∧ 小、  、    /イ}/イ__//
      ノ イ 人 } ト|、>/ ̄ ̄\{ { {一 '′            まったく、女子力が足りないわね。
        /  Vハ  >{〈〈/rx―‐ヘリ
  ____   /    Vハ // 艾ヘVヘニニ∧             / ̄
/    ⌒'|     ∨V' 乂 V_}r―'ヘ]/ ̄ ̄ ̄\  ./
         \/\ニ/、  文 / |   ||>         \|
       ./ソー┘r‐}.  分ノ  .|   ||〉
       ヽ/^ヘ⌒ ´ ̄ ̄´  ∧   |′
         ⌒Y∧ __ ... -<_∧_ノ ̄\
        /\/ \/⌒ヽ/´ ̄ ̄ ̄\\
        / /|     ⌒ヽ             \\
      ./  / .|                    \〉
     〈〈〈. /  |               }  ヽ \
      .\/'\ |  \                /   }   \
       /   '〉|   > ―            }    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  そうして出来上がったのがカリカリのスクランブルエッグとフワフワのベーコン。
  スクランブルエッグは卵の殻入りすぎ。ベーコン生焼け。
  相変わらず料理は下手なのに、拘りだけは一人前だ。


285◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:01:13 ID:m05NHbCg0

                                  ノ'V了
               x==ミ、    f不ミ、   // _〉
          V^7  /     `<二小  `ーく/ /
       ノ⌒ヽ}厶イ  }         `Y^Y  `V´
       `7´ /   __,ノ        ∠⌒ヽ`ー宀个′
         /f'´      彡'_,.二>{ブ^〉 }ハ   {
       `Y)/´ ̄`ヾ´ ノ    トー' _ノ`く二..ヽ〉
       ノ {/7¨了Y`ーく     ` ̄ l  i| しイ
         {/,イ i/l l l   l l l_j__j」L∟.  |  | レ'′ ,. ィヘ
         {辷ク! !¦!i抃ト、| l l__j}__,.二...._,ノ  /i |  /{__ハ ',
        {{i ! ! j」LLlN小レ' jル' {廴リノ}/ l ル'´    ', ',
           W从抃Y从ヒソ     `"´ |  /!
           } 小.     '    ''  l  〈 ,  ,,.===、、   ',
             /// ハ            l  ∨ノヽ l><l、
         ///  `ヽ、  ⌒   イ    / ノニl   レ }  }  ',
           ///    }r`二乙¨´__ノ j   j  V{ ト、/} / 〈>=┤
         {厶    ∧火} /不ト、 /    {  ∧`ゞ=ー'´ ,/  , ′
 ノ^Tー<二フ´/    ,'  \/ゞr='' ∨    ト、   V   /  /
 { ′     l     ′   ,イ!||  {       |>`T ∧ /  /
 ∨     / l     {   / }}jj  |     | ∧{/\/
 人   / l       l  /   jj{{\j       l ノ }   ∧
/  `ー'⌒ヽ. |     | /   {{ }} {        l{  ー'´  }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  仕方ないので私が作ることにする。
  朝から面倒なのは御免だが、泊まった次の日は決まってこうだ。



        _,,---=====---、
      r"________________________ヽ、
      ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,ノ
       |`"'''''`ヽ___ノ´'''''"´ |
       .i||lllliiiiii;;;;::::::::;;;iiiiiilllll||
         i ""__ __ __ ___":::|
        i::  ((`イi l .l.l Dノ :|
        .l iヽァ-v-v-i.ァィニ>:|
        |jゝjト,ム_ム_,i.l_,iL:::|
        |;;,,       .,,;;;|
        .! ""'''''''''''''''''"" .i
         `"'--===--'"´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  へい、お待ち。


286◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:01:28 ID:m05NHbCg0

   _      _/ヽ.__
 _//\ '"´ ̄/:::ヽヾ `'ヽ.
//::::::__,.ゝ、-ァ'-::::::::!」-、_  ',
\ヽ:::::::::::ノ_7--‐'´-'`ヽノ___ノ_
 ノ____,.イ-7´ハゝ、/!  ハ ヽ.__7、
く__.rY ノノ ./ァ''Tヽレ'i/_,! ハン´
 ヽ|  ´ !,イ ゞ、!_   r'!/ 〈
  イ   | i "    , ヾiへノ
 ハ ノ   ! ハ、   -   ノ〈   ……………………。
 レ'〈/!/ ヽ、:r>r=7´ハノ〉
   ,.へ,.ィ'´/´  `ヽ. ,.-‐- 、
-‐''" ,.へ! i      ヽと_  ',
/:::::/::::::ハ !、  、___、_ト、`[二.l
:::::::/::::::::i、,ゝrヘ'ー!_,-' ヽ、!7  i
:::::::i::::::::::ヽr/:::::>、`ヽ.   ヽ ノ



        ,ヘ /;;;ノ ―-、_
        {;;_;;r‐"ヘ,,_  ´ `ヽ、
       ,/´ : : : :、 : :`ヽ_(( ,ヽ
        |l : :| : iT :|ヽ-ヘ: l :`、ノソ
      ヾヘ:|: .:!弋i ┬-、,、: :i:<;;;〈
          ヽ : i、   ゙‐'j |l : l :| Y
        _| : l::〉ーr' ̄__,ソ :l>ァ< !
       /´l_><}ャ| | ,ヘ_j.:ソ
       /   l : :l l |`| |´ -‐_ `!
       /    リノ | l |_.」、./   |
     〉-‐_,.、_'′!/....   \  }
    l三二ニ=、」j/::::::::...../´ ヽ ヽ、
  ノ二二三_ハ_三三二二二ニ、  }
   ̄ ̄ ̄ ̄`´ヾニ二二二二二ゝ j
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  不服そうなレミィ。だったら料理を覚えなさいと言っておく。
  そりゃ前回もコレだったけどさ、仕方ないじゃん。
  朝からカリカリベーコンとか作る気しないし。
  ガソリンでもかけて燃やすのか。カリカリベーコン。


287◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:01:50 ID:m05NHbCg0

                _,...-
                  ,r'   /
              _r´   /                ____
          ___ `‐-、 _,'     ,. '  ̄ ̄``ヽ、   ヽ、 `ヽ、
            `ー弋ー..._ ___   / /  , ヽ_| ヽ    冫   1
          ,、 ゝ‐'ー-._ l `ヘr-⊥∠..rl叨}) ''ハ    \  |
        __ノ´ \       ヽ、 _    `ー二ー'-、!     `ー′
    ┌― ‐{ ヽ.    \       フ'/'`ー-- 、.___   │
    |    ヽヽ   /久.   / / {⌒l>i<l フY  リ!
    ヽ      ヽ ヽ ,/人 l /  / /!ソ  i 〈 /  l |
      `ーュ__ヽ ゝノク /  l>O<l !    i/ 〈   j .!
      芝玉竺壬云冫!/   / l   fマヌ天 }  ,|丿       _ .._
        `マリサー,jYノ/  ,!  |  |ノ」 〈>Oく_]|!       ..,r'    ``ー-- 、
            ̄ ̄´ / / ┏━━━━━━━━━━━━┓ ,.- 、   __   丶
              / 亅 ┃                  ┃    }  ,、_) ヽ  ,r'"`;
                |  !  ┃  一ヶ月少女 六日目    ┃ ~1{' , ゝ._,イ  ;、 ノ
      /`ー 、    |  !  ┃                  ┃ l_|"ヘj-7-マクア小ゝ
     l|   , ゞ    |  !  ┗━━━━━━━━━━━━┛     `¨´`´ ゙゙´
      1 /       |  ! , ソ' /     ,|      |  , -- 、 ヽ、      _,..―-.._
     ', / ヽ、     ヘ_ |/ /       ,|    ノ   !ーo' }  ヽ    r'      /〉
      `-一′     レ' /        丿   /   l.__丿    ヽ  〔 ,へ、 レ′
               / _⊥..,,_      /     ;`ー-... __,,.. --‐'´、 `′ `′
                /ノ'"  ,'   ),ゝ/     ;  \  ヽ、  ゝ--- '、
            │   ,'   /  /`ー 、  ;    \  ゝィ'´ヽ .; ; j
             '、  ,'   /  /  ,'  `' 、'、  '、 ヽ  r'ヘ  ∨ ; .}
              ゙ 、′ イ  /  ,'      ヽ、  '、 ヽ   \  ∨..ノ
                `''‐/ ./  ,'       `ゝ、 '、_ゝ_,-´\ \
                    / ,/''ー------''''´    ̄         \ \__
                    ノ /                         ヽ '、 く
                 / 亅    ___                 }!= ゙ゞ!'
             _rf´ /┤    ヽ     `>                 i゙ーンゞ
           rゞ ニr''´ヘ._,|     ` へ .. ノ                  `ー'′
          `ー ´


288◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:02:13 ID:m05NHbCg0

                     /            `ヽz、
                    ノ                >==、
                    /        ___    /7    ヽ.
                 r=≠ニ       <   ヽ.  / i         .ヽ
                    ヽ,イ   ´ー==zz__ _:ハ   i!=i:ハ :.         l
                 マ__ ,.ィ=、     _ィ、 _ノ    j  ヾ、. `ー  _ ./〉
                    ヽi: :i: :iヽ,. ィ'' l: :ヽ、  _ィ __ノ`ヾアz===rzzzイ
                   ( 〉l、: :>ト:ハ ヽヘ:_r≦=イ: : : :./;;;;;;;;;;ヽ_ソ )
               ........   ヽ_ l: :i!_ー'、  `'''''' _ヽi: : :く:;;;;;;;;;;;/;;;;ハ三ー'
            :::::::::::::::.....:::::::`|: : :代リ     弋ツ'リ: : i: :`ヾノ: : :iハi!
             ::::::::::::::::::::::::::::::l: : :i!  ;      /: : /: :i!: : |: : :∧リ
     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l: : :l:ヽ、 、__ ,  /j: /: : /j: : i!: :/:/〈
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::.  i:ハ:.ム::::::>.、 _,.ィ.|:l:/: : レソ:: :ハ 〈 `ヾ≧zzz、_
   ::::::::::::::::::::::::::           j:V::ヾi!:::ノ `>;イヾ/<ィ´才 ヽヽ  ヽ三≧三≧zx、__
   ::::::::::::::::::::              |: :i!V: ハ  .// l l,イt)イ./    i リ  ノ ヽ二二`≦三≧z、
   :::::::::::::::::::::............          ヾハl: :l: ハ_ .iマl У /ハ i.l¨     // ィ≠  ハ二二二二ニムツ
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....    ./: : : Y  /リi l `Yァ:ヾ.」     .V ヽイ    .ハ二二二二ムツ
              :::::::,、::::::::::.. . レ: : : :.i!ト、 .l. ¨¨/:/: : : l =≠ ´         ハ二ニニニム:/
           .l¨≦´_ .ノ-:::::::/,`ヾi!: :l l.i!¨|  /:i: : : : :.l                ハ:ニニニム/
             ヾ、.ヨf 〈z≧ーミ:ハl  `V l . l  ヾV、::〉i:ハ            .i!二二ム/
            トニム =三三´ リjヽ ヽi! l-、_  ヽ ム          _,ィi |二二':/
.              'イr‐ヽz___ ,.イ.、ヽヽ i! l  `≧ーヽ ヾi        ,. -'" _ノi´lに/:/
                 l、`ヽ  ム `ヽ >、 ヾム l     ,ム ヾi_ _,..-'''" ,.ィ≦l ム二/:/
  rt;       __,..-‐=≒zミ__ lヾ   lヽヽz.」      ム ¨¨¨  ,. ィア´      i|ニ//
.  マi! ,r≦´.           `ヽ、 i  _ /:::::::::::::::::::::::`ー=¨´::::ノ       .| ム'
. r.、<マi!三三ヽ           >''¨ ̄ ¨¨¨ ̄ヽ 、_:::::::::::::::::;ィ'''´ 二  -  == jllミ'
 ゞミVハ ≧、ミi      ,. ィ'' ´             r≒r'' ̄      _,..-'''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨フl
  ヾソj::ハ.≧ミ,ニ、  ,.ィ'´              r--'   マt   __,ィ''´            /.」i!
   ./  .ヽ.`≦≧zz、_            ,.ィ ソー二イ_ヾf≦、_          ,.ィ、   //三/
    .| `¨´ .>   ̄¨'''≦三ニz、z    _,.イ:オー/  ̄ ̄¨.|三三三≧z‐‐‐≦彡彡`¨三≧イリ
   `¨¨¨¨´         `¨<三三_>イ  ./      l l三三三三三三三ニiイi三彡彡/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  思えば、日記を付け始めて六日目のこととなる。
  三日坊主という言葉を思えば、その二倍は達成しているわけだ。
  ちなみに、今日の日記はこれで二度目の執筆だ。一度目のは没にした。


289◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:02:37 ID:m05NHbCg0

       , ‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙'' 、-- 、
     ,「 `7  _,r─-、__.、__)  |, ヘ
   /´\| / _/,ゞ'"´ ̄`ー--、へ.,__ノ./┐
   \  ∨ r'/ /  ./|    `'ー-、ヾ-、」
   ./ >-r´/  / -|-/、|   , ,ハ   ヽ }
   { r‐''´ ,'  .,' |斤テr‐|__/|_/__.|   | |/
  r∨ ,  |   |八弋_ソ    ィテ、|/  //
   く.'Y i   |_//⊂⊃     , り /、/`
   `| |     |' |       ⊂| ||
    .| |     |   、     ´  人  、
      、ヽ  .!   \ 、.,_,. イ   \ ` ー-、/7
      \  人     ヽト、_|人     ー--} }ー-、
       ン´  \ ヽ   )__]\_>-- 、_.ンノ、  )
      /      )ノ rイ-┐、| ハ \  く_r'  |/
     ./  /   }ン|__]┬ ' __|__ ヽ、 `ヽ
    rヘ. /     /  |」 ||||::::::::::::::::::ト、ハ   ト、
    \ \     | /|  .||||::;: -、‐-、|_.り   ノ )
     l__rヘ.__r-、_∨ /} lア ̄ヽ }  } ノ| /レ'
       \ ヽ--<> '´     }__} __ノ  }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  仕方ないのだ。今日は本当に何もない一日だった。
  その退屈さが私の理性を殺し、気が付いたら壮大な物語の序章が幕を開けていた。
  危うく黒歴史を量産するところだったわ。危機一髪ね。


290◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:02:53 ID:m05NHbCg0

          /           `ー、_
         〈              ヾ 、   `⌒\
        _ヽ____         ノ |       \
       r‐く  f´ ̄ > >‐―ト、二´_ノ        /
       |  ∨   く_´/⌒V-―vく⌒ヽ、     {
      /⌒V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヘr、___x'´
     └、___|::::::i:::::::::l::::!::::::/::::::l::l:::::::l:::::::`7 ヽ. く \
         |::::::l::::::l::|:_」__/ |::;イ::ナ::ァ:|:::::::::Tーハ \ \
          "⌒ヽ、ハ|/xく /' x.マ"rリ|::::::::::|:::::::::!.  \ ヽ、
             l:::::ハヘリ     ゞ''|::::::::l:::::::::|  /lフ´ヽ. |
            ./:::/::ハ'       '''' |::::::::::::::::::::l ,/:::|    ソ
           /:::::::/::::;> 、`’,. ィ_,,|::::::::::::::/:::|/::::::!
          ./:::::::::::::/::::ノ^ヘ r'⌒./::::::::::::/、::::::::::::|
         /::::::::::::::::/ にフト、フ /::::::::::::/ l∨::::::::|
.        〈::::::::::::::::::ト、 レ/レ'/::::::::::::/‐r.  〉::::::::!
         ヽ::::::::::::/〈.  ///::::::::::::::::/ -、 Tソ::::::::::|
            V>‐く  >//、{::::::::::::/    |::::::::::::::i
         く/:「ノ| 〉′/  >rイ , 「 フr''"|:::::::::::::!
        /77::::::::{ 7   く/::ヘ_〉  V⌒ヽ|:::::::::::::|
    r‐「^///::::::::/ /    /::::::::/|      |::::::::::::::|
    /7 |.///l:::::::/ /     /::::::::,' |      |::::::::::::::|
   .//7./// !:::::{ ,′    i:::::::/ |      |::::::::::::::|
  ///'///にフトく '       >rく.   |      |::::::::::::|
 .///,〈〈〈_/:::トノ     く_/::ト、ゝ |      |::::::::::::::l
  \\.\\l::::!         |:::::|  ハ.       ',:::::::::::::!
   \√にfV        ハ:::/  /       '、::::::::::|
    く_/^フ′         }/  ,′        ヽ::::;:|
      `^/ /        | |             V::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  日記なんだからイベントを盛り込む必要は無いって分かっているけど。
  それでも講義を受けて、ご飯を食べて、寝ましただけじゃ味気ない。
  だからといって日常を壊すような異世界の軍勢は必要無い。
  何だ、第六十七平行世界からの使者って。


291◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:03:05 ID:m05NHbCg0

     , '´     _{ r-、_ ト、,__ノ }`ヽ /|
 く \{ {  r─'"`     `ゝ、.,_,,.イ-<.,<.,
 r,>- 、アー'´    /      、  ヽ_} | ヽ.,」
  {r‐ァ' ,   / /  ;  |!  ,|   ハ   \ヽ,ハ、
  ヽ7 ./  ;' '  /| .| | /.ト-‐ァ'|!    |`ヽ_}
   | |   | -|-イ_ !__」 レ_,斗テ7T  ;'  |  |
   、 、 ム,斗テ7i'      乂__ソハ_/  ,   !
    \」_ 爪 乂_,ソ      =''"| \_/l|  |
      | ハ`'=    .      ""|  | |  |
      | 八""    _     .|  | |  |
      |  |l ゝ、      ,. イ.|     |  |
      |  |  |`≧;ァーrァ'升 /!.   |、 |
      |  |  ||  __,>人/  |    ; \.|
      |  |  ;'/´}  |/   |    リ  ヽ
      八 '、 /;  }⌒X⌒{  八  /_   ハ
     }>}二{K{  /7_/ハ_,「  }>}三K_{    }
     //  |/ ./ }7 /  }ヽ  /  ハ   _,rム
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  黒歴史で思い出した。そういえば、あのノートはどうなっているだろう。
  実家の押入にまだ眠っているのか。
  何かの間違いで発掘されたら、確実に私の寿命を縮めることとなる。


292◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:03:53 ID:m05NHbCg0

            _/ ̄ ̄`丶__
          /ア´       )ヾ⌒ヽrァ
            〈 {   、_,_,  <_,ノ、_,ノく
.         <   ハ_rt__r┬z____人_〉
          |Υ ∧ ハ  い   l  |
          L从l` Ll L/´| Ν   |
              |从 ┃   ┃V    |
              | { ト'' _- _,.''ィ ∧  |
.          / [X]∠<芥> [X]   |
         〈三ニミ ∠ニミ [X]  八
           ∧   ∨    ∨ 乂)   \
       / と7   V    と1 ∧     \
      /  〈_ノ>x  __,x<乂}/  \    \
    _/ 〈゙Y⌒> /⌒V /⌒V∧ <⌒Y⌒ヽ___ \_
     ̄\Ⅵ/ |_  j} |__ j}、∧ \/\_/ / ̄ ̄
       V__,>{'⌒7-{'⌒ |/\_\    _/
           `=彳 `=彡   `⌒¨¨´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  幼い頃の私は、それはもう大人しい少女だった。今もそうだけど。
  暇さえあれば絵本を読んでいたし、時には大人が読むような本にも手をつけた。
  同年代の子ども達が外で遊んでいる間も、私は黙々と本を読み続けた。



            ,.  '"´  ̄  ``   、
           /            \
         /                ヽ
.       , ' , '.                ヽ
       /  /                   ',
.      /  /                     ',
     / / '                !i   i   i
.      l /| l   i   i     , ,   i l   l i  .|
     l/ !i   i  i i l    / /  ,' ,' l il  | i li l|
     |  li   il ! il i il   / / ,/ / ,' il|  lイl l |
       }   il| Li」i_ liヽl,i/ /// /!/ il l  i iリ |i!
       | i  l i       ' ' '-' レ/ |i i ll| リ l
       | l  ! ヽ、   r ー--    /ノ i l i|
       | l l/´ \ ヽ   ノ  ,.イ /| il l i|
       |li  |   ハ \ __  -ハ_   リi l l|
       ヽ!i l|/{   \  / } \  レ1l /
      ,ィiへ|  l   ,ィ↑ヽ /   ヽ、.|リ/   \_)
   ,  '" L_i/ i/ / i   \ヽ __」 ,レ \
 ,ィ´     /   { ,ィ'  i i ト、 /  \    ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  幸運にもと言うべきか、不幸にも言うべきか。母親も似たような子供だったらしい。
  だから読書にも寛容だったし、私が欲しいと言えば新しい本を買ってくれた。
  私に友達はいなかったけど、高校に入れば出来るよという考えの持ち主でもあった。


293◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:04:16 ID:m05NHbCg0

               , --―──―─-- 、
             ./       ー、-ト、  ヽ、
            /           ヽ ヽ 「7へ
               トrニ-、r-、 r-、_,r ヽ ,_,ノ ノく>'_,,..-〉
              ゝレ-ナ-' r ='-、ニ`ー-ヘ_イ___!ンi ヽ <フ
            ./ / / ,.イ__| , ルル,,__i__L|ヽ へ_レ'
           / ム./!_/x=ミレl_/ヽx==ミ、ト-'7 ハヘ \   くI
        tュ  Y / ム{!トハ    ト心ハL__ ヽ ヽ ヽ\
           .`7 /i} 弋フ    V)フ  L__  ヽ ヽ i ヽ
          <フ   /  i 人"  △    ""ィヘ,   `, i _l   ト
           〈   V:/⌒)゚下乏/⌒7ハ !    i  | |: _ `>
             r-、,ゝ/弋_,厶'⌒∨ ./  ノ |  ! ./  | i  _,ゝ
    三三三三Y彡三三,.. ---一(⌒V 〈 ソ ,イ,」ヾ厂レレ┘
    \::: ::... `くーィ'   : ..:::::: トV^\「二7<] ゝ
.      .\  :::::..\\..:: ..:::::::::  ヽ   / ハ  ヽ
       \:::::...... \\ .....::::::::.::::::ヽノツ、∧、ヘ_ rヘ
         \ ∧ヾッ\\  ,,.. --一`ニヘゝ=-、/ 人
              Vヘーベ`ー'´  _"'´ |二ム >、ノ∨_ノ
            Vム=-ヘ _______人二ノ"
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  ぶっちゃけ、あの頃の私には本さえあればそれで良かったのだ。
  まだ己が魔法を使えるという自覚も無かったし、他人にも興味無かった。
  子供にとって世界は広いと言うけれど、現実よりも創作世界の方が遙かに広い。
  私はそれを知ってしまったのだ。


294◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:04:39 ID:m05NHbCg0

       , ‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙'' 、-- 、
     ,「 `7  _,r─-、__.、__)  |, ヘ
   /´\| / _/,ゞ'"´ ̄`ー--、へ.,__ノ./┐
   \  ∨ r'/ /  ./|    `'ー-、ヾ-、」
   ./ >-r´/  / -|-/、|   , ,ハ   ヽ }
   { r‐''´ ,'  .,' |斤テr‐|__/|_/__.|   | |/
  r∨ ,  |   |八弋_ソ    ィテ、|/  //
   く.'Y i   |_//⊂⊃     , り /、/`
   `| |     |' |       ⊂| ||
    .| |     |   、     ´  人  、
      、ヽ  .!   \ 、.,_,. イ   \ ` ー-、/7
      \  人     ヽト、_|人     ー--} }ー-、
       ン´  \ ヽ   )__]\_>-- 、_.ンノ、  )
      /      )ノ rイ-┐、| ハ \  く_r'  |/
     ./  /   }ン|__]┬ ' __|__ ヽ、 `ヽ
    rヘ. /     /  |」 ||||::::::::::::::::::ト、ハ   ト、
    \ \     | /|  .||||::;: -、‐-、|_.り   ノ )
     l__rヘ.__r-、_∨ /} lア ̄ヽ }  } ノ| /レ'
       \ ヽ--<> '´     }__} __ノ  }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  そして多少の学力を身に付けると、今度は別の欲求が襲ってくる。
  読書家なら、一度は頭を過ぎった事があるだろう。そう、書いてみたい。
  私も、こういうファンタジーで、SFで、ミステリな物語を作ってみたい。
  知識だけは人並みにあった。だから出来るはずだと思いこんでいた。


295◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:05:06 ID:m05NHbCg0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :: : : : :
:::::::::::::::::::: :: : : :: : :: :   _,,.. ---─--,. -‐- 、_
::::::::: :: : : :  .r' ̄>''"´        '"´`ヽ. Y、
::::::: : : : :  「`Y´            ト、.,__,.ノ  i `ヽ,_/i`ヽ、_
::: :: :    ノ⌒ヾ、_,.-、.,__,ゝ'´ ̄`ヽ、_,ゝ、.,___,,.ノ r‐ァ'  |/ !
:: :    i⌒ヽ、__/ヽ、.,_ノ´⌒ヽ、r-'、   7ー-、 |/  -‐ヽ、 /
:     ヽ、_!/    / /  ,     ヽ-、」_____/-ト、,________!/
        .i /   ハ-十 /|  /|   、   `ヽ.! ヽー-、ヘ_」
       | i   /r-r-=、.|_/ |. _ト、 !  i   Yヽ、___/ヽ.
       Lヘ.__,ハ  ! c!   L_」二L_ハ   i  `ヽ.__i
           /7,,` `'''´    ´ i  'cヽ!  ,ハ|     |ノ
         ./ .!           `'ー''´レ' i.     |
         /  ノヽ.          ""//  |   i  |
        ,'   i  \  `     _,.イ./   |   l  |
        i      i'`7ァ-r‐ 7´/ ,'   .|   l  |
        ヽ、 i  ./イ ヽ、!__/!7     !   !  !
        く__〉ーァ'´ /|ヘ/-:、  |     ,ハ.、 |  ',
        ,!く7´|  rY / / iヽ.,ハ i   ,イ   `ヽ.  〉
       rく__,.ヘハ i7 / ,' i i7 「二7<]     Y
       ヽr-、,.ヘ、r/ / .,'  ! |」 / ハ|        !ゝ、
        `7⌒'ー'i ,'  i  l  Yヘ_rヘ._」    ヽ,   ヽ、7
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  まぁ、そう簡単に書けたら小説家なんていらんのですよ。
  初めて私が書いたモノは、とても小説と呼べるような代物では無かった。
  厨二病とか、そういう次元ですら無い。当たり前だ。現役中学生だもの。


296◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:05:25 ID:m05NHbCg0

           _,,.. -───- 、._    /\
        ,. ''"´       `ヽ  ヾ' 、/-‐- '、
      ,:'           ト 、,__.ノ   } ;'      ':,
  「`ヽ{、 __、 , -─,ゝ.,_  _.ノ_、      ノ─┐
  }_rア´r-、  `ヽ, -くァ'"´ ̄  \ >、--<ヽ_」
  _/   , '"ヽ--‐'´   ヽ   ',  ; ヽ }    }
  }  r/  / / /  ハ  ', | イ|  | ト、_ \  ノ
  L__./;  ;  ;  ;  | |  | | _」ニ、_」  |ヽ ` ̄`ヽ
  く._ヽ|   |l |-┼l| | |_|ァ"ソ ハ}| |!  | |ト-、 _}
     |  |l |_j」ニl_ 」     乂_,ソ.|   | |  |イ_
     |  |_,.イ ソ ,ハ        xx.|--イ__」 /´ _`ヽ
     |  | |ヽ. 乂_ソ   ,       .|  | |  し'´/ }`l、
     |_ イlハxx          |  | |  |/  ' ; }
       | | ム     i ´ヽ    '|  | | /     /
       | |  人         / |  | |´{    _/アヽ.,_
       | |    |`゙Tlァ=ー-r''  /|  | | ヽ/ ヽ    `7
       | |    |  |__r /r }   / |  | | r‐'         {
       | |   ;/´ { }__アk'´ ̄|  | K  \   }_  _,}
       | |   }  |/ く ム ゝ  ',   ; ヽ、   '´    \
       '、__  ノ / / /}l|l{ ヽ. ∨ /   ム K´        ヽ
       /:::::::::`゙''::....、{_////\_」  }三{<.,__]ハ            ':,
     /´ヽ;::::::::::::::::::::://7; ,','  /7 /  ハ\/  {            ',
    ノ ヽ、 }::::::::::::::::::/// { {.{  {_{ ,'    }    '、             }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  子供ながらに、こりゃ何か違う、という自覚があったのは幸い。
  私はそれをテープでぐるぐる巻きにして、押入の奥へ隠すことにしたのだ。
  今なら燃やす。確実に燃やす。家ごと燃やす。


297◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:05:58 ID:m05NHbCg0

                < ̄`ー―― -
              ´     ー  _  > 、
      〈 \  /                 \
   「三≧、\/>'             /  \、    ,    r、
   |三三ニr'´              / {    } ,   \≦彡'
       { r― 、          八 _` ー‐ '  ,     レ'
        〉’   \r―‐<⌒ヽ、   / \_ ノ \, -―'三≧、_
      { ̄\    | . . . . }   L/  /¨ヽ    >    /三/
       ヽ . . \   |. . . ./\     /|\. .|  , <. .\_/
       L>┬‐|\__!_ /-|―-\_/ ! !  \!_/  ` ー'
         |  !   /  |  |  ヽ | | |\ \    |
         ’ | |  ,x=≠=ミ、_|  L 」 ,x=≠=7     :
        /  Ll  ヾ ∨,Ч      i//Ч'  /ヽ   !
   / ̄ 二 = _    :. `¨´    ,:    `¨!´'   {ノ   |
  / ̄        > 、 i           |/   !     !
 ,    ー―  _   >、    -‐-    /   |   ノ
,  二   _        > , _ . <., -―┴――――――
L _                 Y´     -――      ___
       <  ー―-  \   |  ___    ――-
 |三≧=x 、    ̄  < ___!___           ――
 ∨三三三三三≧≠=-、 ’,        |    ̄ ̄  ー― -  _
  、三三三三三三三三|  ‘,      |  r≠=--
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  それ以来、私は小説を書かなくなった。
  再び読む立場に戻ったのだ。
  たまに衝動に襲われることはあるけれど。


298◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:06:31 ID:m05NHbCg0

  /                 . . -‐‐,′         ヽ.
 /          , -‐ 、   . . <     . .」            Y
 !          '⌒ヽ <     >''´ 八              厂
 ヽ.            } 下、>'"     / ヽ.          〈
   > . . .    . .. ノ  ノ      /  / `  . .  _ . . .ヘ. \
 ∠..     ̄ ー= 彡        >、..∠... __            \ \
   `ヽ.___三三二ニ=rーr'"`ヽ ヽ ヽ ヽ` ー- . .     >
       | i   |::  |」ハ.   ', ハニニ≧x \ \ \.     `厂:厂
       | i   i::', {:::`ヽ.   ', 弋ノノ  ノイハ.厶イ    ,′,′
      ', ',  i::ハ!ヽ:::::厂 ̄ ≧==彡   |      ,′,′
       \「 ̄` ̄| ハ/             ,′      / /
                | く            /      / /
                |  ` ー、 ー==='   /      / /   /
                |   |   > . __ .イ′    ' / /   /
                |   |   |  |   ,′    / /   /
                |   |   | ノ   /       ' /   /
                |   |  ノ    /         /   /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  いえ、一度だけ書く機会があったわね。中学三年生の時に。
  本ばっか読んでるから書けるだろうみたいな、そういう発想する輩がいてね。
  それで賞とれたら大金持ちじゃん、とか言うわけよ。
  仕方ないから書いたわよ。それ言った奴が無惨に死んでいくだけの話を。


299◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:07:01 ID:m05NHbCg0

         /    , -―――ヽ   }- 、 /      \
        ∠ __  /          }   |  \ ___    \
__   /     ___      /  /    ヽ   \ ̄ ヽ  〉
    \./   /l    l` ー――/ /___    \  .\ j /
      j    l  l    |l    ∠ イ    \     !   \
   〃 ノ   /  l!     |l      ¨丁 ̄  ヽ \  j     >
 // .{   {   jL.ノ  .|ヽ    ,ェ 斗云ヽ  ヽ | ヽ }   /
/ /  ヽ  ゝ!  | ヽ __j  ヽ- イトj ::::: }ハ   j |  ヽト,_/
 /    r 、| |  |ィ 下::ム     弋 z辷リ 〉┬ l!   ∨   |
 l     |  ! | .ヽヽ弋沙 ,            |  l    .',  ヽ _ノ
 ヽ __.j  |.ハ   \            ∧_.ノ    ',  _
        l! \ ,.く      _     / |       |   く
 l | ∃    |      >  ..,, __ー _ ,,.  Kニ|       |  c_)
. ノ 市     :|       |     /ソ     }l        l
          !         |   ./そ {-  r‐ ' /\___丿  ┼.、ヽ
  -|ァ_     ヽ       |   }、/ヽ ミ--'  /   {    }   .ノ .」
  ィ|/ (       \ ___j ,ノノ/   ` ~''    {____}ヽ    o
     o       マ  ム{  フ          /   ヽ l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  そしたら『パチュリーしかと』って紙がクラス中を回ったわ。
  女子って恐いわよ。紙切れ一枚あれば、平気で他人を無視するもの。
  赤くない赤紙ね。学校の教室はまだまだ戦時中よ。


300◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:07:14 ID:m05NHbCg0

           , 、    , ‐-  、
         バ´f/ , ̄> ´,、    `V´\
       「`ヽ{-ニ/ ̄> ´  >-<`< ̄_/
       / / f ̄\    /:`ヽ ノ   >.、
       V- 、 ゝ./ `ー‐´: : : : : 、L, <.ヽ }
       .| |: :  ̄: : : :/: : : : : i: : : :}: : : l : : V
         `|: : : : : : :/: : : i: : :,|: : : |: : : :l: : : |
          .|: : i: : : /|: : :/:/: , !: : : |!: : : |: :i: |
        |: /|: : : |ー-Lヱ_j L_jL__|__|_j
          ,: Ⅵ: : : Eニニ;   r==ュ !: |
         ,: : :|: : : : |          ̄ .|: l
       ./ : : |: : : : ト、_ r_ニア   , く| |
      / : : : |: : : : :V ^♀二「丁: : : :|
     /: : : : : |: : : : : :V,.仆、.八|: : : : :|
   /イ: : : : :ハ: : : : : : Vリ_」_>{: : : : :|
  /  |: : : :/ '.: : : : : :j^^|   ヽ_r.、|
     |: : : l  />: _,ハ .|:  , <j<⌒!
     V: :/ f´ ヽ/`ヽ」 / /   Fり/
      V  ゞ.._{  /_>//\/V|
     ハ  rv、ヽ/ | |\\/ヽ
     ` <._`^´   | |_`´_>!
         ``rァ-------‐<j
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  いや、そんな事はどうでもいい。それよりも黒歴史。
  母さんが気を利かせて捨ててくれたらラッキーなんだけど。
  あの母に限って、本を捨てるなんて事はしないだろう。それがノートであったとしても。


301◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:07:26 ID:m05NHbCg0

              /           ,,,,__ノ', ,ゝ- 、
        /`"''‐jレ'´|          ゝ、__ノiニ=  `、
       /     ソ▼~  , へ、    ‐'''"~"''' ▼   ノ
        .▼、__ソ __,,/⌒ヽ、,,,,......,,,,_,ヘ...,,,__,,ノ~` 、▲'、
        ,イ  ,レ':;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;`、つヘ
        .< r‐'' |:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;|i:;:;:;:;:;:;ハ _,,,...>
          `t..,,_|:;:;:;:;:;:;:|:;:イ   rv      rv リ:;:;:;:;:;:|ソ~
              |:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   | |      | |  |:;:;:|~''リ
             |:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   U        U  |:;:;ハ
             |:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ,,,        ,,,|:;:;:;ハ
           ,イ:;:;:;:;:;:;:;:;:|、     ─‐    ノ:;:;:;:;:`、
          /:;:;\:;:;:;:;:;:ヘ`">- ..... -<´i:;:;:;:;ノヘ)
          ./:;:;:;:;:;:;\:;:;:;:;:;ヘ-‐''"<  >"''ー-|:;:;:/
        (:;:;:;:;:;:;:;:;:;}>□<{  `Y´  }>□<{
          ~"''‐-uノ  |:;:;:|   ▼▼     |:;:;:|  `、
              ハ  |:;:;:|  /ハハハ\   |:;:;:|   ',
                ,イハ}>□<{´ ハハハ `}>□<{ ハ
            ノハ,,, |:;:;:;| ハハハハハ |:;:;:;|  ,,,ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  仕方ない。今度、実家へ戻った時に燃やそう。
  今なら魔法使えるし、ライターなくてもガンガン燃やせる。
  ああ、レミィの前で魔法が使えたら出来たかも知れないわね。
  カリカリベーコン。


302◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:08:14 ID:m05NHbCg0

                      , ´ `ー--―一'Y´  ̄ `ヽ!ノ/ /
                    /          {     }//
              r'        ∠二ヽ ゝ、__/`ー、
              i         _   _} }´く⌒L,--、, ノ
                 /   _r、 k´ヾゝ_ノ\  ヽ  Y^>
              /  ∠いく_〉 \__ゝ`ヾ、   }   }´
                {、_〃し'  ,' ,'ヽ`ー`  _, }      i
              ト、ハ ', レ' _ \l rfニ7 {'   i  ハ
                く_人', ' ,{rtー;       i    i   ハ
           /〃i ヽ ; ゝ `   ,    }   i   ハ
          く// !  レ'^i ゝ    , ー   {     i     ` 、
              ./  .!     .ト、  >  _ イ!     ',       }
             `^´     i \ ヽ__ノヽ  い   {_      ,'
                     j |  /,-、 !  ヾ 、   ヽ、   ,'
                     ハ i! / /}メ r'{\ゝ   ' ,\__
                 /   }il レ'i  ト、_ノ   ハ     ',   `ヽ
                  / y'// {  }  [o,   ,'   ',   }     }
             ( /   /  } ノ / ̄i  ,' i  ',   /i     i
               /  / _ν/ // i  ,' i   } / i.     i
               (  , ´r‐'   /¬_r‐'!, /! i   iツ  i     ト、
          ___`y  i, _/   //  }/ { ハ  `ヽ       ヽ
       └-一7くYk='7/i    Y   j  i  ',   }   __   ヽ
              / i\_/  !    i  /   i   ' ,  i__r‐' _」     !
           く__」   ヽ   i¬_,t_iー┤  ヽ___厂Y〉K´ー┐⌒`>_}
          (   ノ  〉  !    i   lT ̄ ̄`ー-,{_,! ,.'^ヽ_! .i´ ̄
            )_(  / ,  iー-一' ` _jl       〈   从       i
              ´  \,' 〈  .!r‐t_〃__,.へl     _∧ {  `ー--、_}
                〉 i  // /コ/\ー<、    ヽ  , ーy' j
                   /   !ー' /ア/  , ´     `ヽ   \ ヽY´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  レミィに魔法を隠している理由はあると言えばある。
  だがそれは言ったら力が無くなるとか、そういうのじゃない。
  実際に魔法を使ってみせれば、頭がおかしいとも思われないだろう。


303◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:08:28 ID:m05NHbCg0

       , ‐ ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙'' 、-- 、
     ,「 `7  _,r─-、__.、__)  |, ヘ
   /´\| / _/,ゞ'"´ ̄`ー--、へ.,__ノ./┐
   \  ∨ r'/ /  ./|    `'ー-、ヾ-、」
   ./ >-r´/  / -|-/、|   , ,ハ   ヽ }
   { r‐''´ ,'  .,' |斤テr‐|__/|_/__.|   | |/
  r∨ ,  |   |八弋_ソ    ィテ、|/  //
   く.'Y i   |_//⊂⊃     , り /、/`
   `| |     |' |       ⊂| ||
    .| |     |   、     ´  人  、
      、ヽ  .!   \ 、.,_,. イ   \ ` ー-、/7
      \  人     ヽト、_|人     ー--} }ー-、
       ン´  \ ヽ   )__]\_>-- 、_.ンノ、  )
      /      )ノ rイ-┐、| ハ \  く_r'  |/
     ./  /   }ン|__]┬ ' __|__ ヽ、 `ヽ
    rヘ. /     /  |」 ||||::::::::::::::::::ト、ハ   ト、
    \ \     | /|  .||||::;: -、‐-、|_.り   ノ )
     l__rヘ.__r-、_∨ /} lア ̄ヽ }  } ノ| /レ'
       \ ヽ--<> '´     }__} __ノ  }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  だが、もしも本当に魔法が使えると知った時。
  レミィは私を受け入れてくれるだろうか。
  そんな不安があるのだ。キモイ! 恐い! 魔女狩りしようぜ!
  とか言って松明向けられたら立ち直れないし。


304◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:08:47 ID:m05NHbCg0

         /:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽヾl  / /
        レ': : : : : : : : : : : : : __.: : : : : : : : : : : : l i!|/ /
        /: : : : : : : : : : : : : <   ヽ.: : : : : : : : : :.:.:.∨ _/_
      __ /:.:.:.:: : : : : : : _.: : : : : ヽ  l.: : : : : : : : : : : : ヾ´  .l
     l´: : >、____ノ: :_ノ´  ヽ,._ ノ  人.: : : : : : : : : : : : /  ヽ
    l: : /l__ _,r-イ|´   l   <_ _/ `l: :l.:.:.:. : : : : : : l    .l
     〉:/ l i |ヘ .| l    l  l .i 」 l   l: :`¨: :,二ニ、: :l_ _./
    l: :l l .l!| l l .l   」-十_|___|__|   `ー‐' .i ノヾ、  `ヽ、
    レト、|.  i!| l.l l  二j r ァ―::ァ |    |    ヾ、.:.:.:.ヽ、   `ヽ
.     i ト'´ i!〉', i!   ̄  __弋z::シ  i!   .| l     l`フ: :〉、   /
      |__ i! ',          /_|_.  | l .l   l ,イ: :/ ヽ   /
         `l  ',. l         7   ̄ ,l  il  トヘレ'  ヽ ./
          l.   l. '        /    /i| .i! ├∨     ∨
 .i、._ノ|.   ,'   丶.  __     /     /ノi| .i!  |
  |lllllll|.  ,'     丶、´   _ノ   .ノノ/i,|  i.i  |
. .|llllllll|  ,'      / `>'    ////ノi|  i i  |
.  |llllllll| .,'      / ,/     / _ _|   l  |
. . |lllllll|/      /    ///´: :`´: `|  i  i|
.   |llll,/      /     / /:.: : : : : : : : | l  i |
  .|l,/    /     // ,∧ : : ,.-、:.:.: : : | l  l l
  j|'    /    / ,/ . ,l: : ヽソ,.-、ヽ,.-、 | l   .l l
  /   /   ,. /  / /レ'个、/: : :l: : __ `i| l  i l l
. /   /  //   // / .i l.: : : : : .レ´: : l_ | l  l l l
´   /  ///  // // .l |: : : : : : : : : : : i l l  l .l l
.  / / / /  // ,// i l |.:.:.:.: : : : : : : : : i.! ` l l l
. /  /  ,/  ,// ,// ,l l  レ: : : : : : : : : : : i! .|  l  ヽ
´  /  /  ,/  // l l  ,〉.:.:.: : : : : : : /: :ヽl  l l  ヽ
.  /  / ///  //  l l  /.:.: : : : : : : /: :/: :| ヽ  l  ヽ
 /   / /  /   /  .l l  i|:.:.: : : : : : /: : / : :|  ヽ  l  ヽ
./  /./  /   /   l l  i|.:.:.: : : : : ´: : /.:: : |  ヽ .l  ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  どうせ言う機会なんて訪れないだろうから、このまま永遠の秘密にしておこう。
  レミィだって、隠し事の一つや二つは平気でしているのだ。
  何でも話し合える関係なんて、そんなの絵空事に過ぎない。


305◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:09:06 ID:m05NHbCg0

               _<`ヽ.  ,r─‐ァ_
         ,. - ''"´ ̄ ト 、_ノ  !<|   / ,∠ ___
    く ̄\/  _r─- 、ゝ、.,__.ノ _,| // /  /
   _\_7 r-‐ヘ__r─-、/ヽ-‐<こ_` く  \|  〈
   [_.>ァ,7-‐'´           `ヽ「 `ヽ| /
    |__/´            ト、    'r-、 ∨
     7  ./  |. /  /!  /!、_/_」_ |   |   !__〉
   _ノ   ,'   .|/_/_,|/ ,!イ´ハ「|  ム  |/
   `ヽ.!   !    | ァ‐r-、    ゝ- ' !__./   !          _
     |__!,ハ.__/イ  いj ,      "゙|/    .,'       /´ `i  __
        | ハ ,.,. ´    _    /    /!       /  / /  )
        |/  ,|、       /   //─-、,   /  7'´  /
       /   |`7=ァ‐rァ/    //|     ヽ. /   '  /-─-、
       /    / /_,.く`こ/      /rイ    /   `ー- 、_ r--‐'
     /  /  /ア´/]、__,/     / /_/   (´  __       \
      | /  / /  [{  {| !  / /_/!   /´「|7   `' ァーrへ. __)
     ∨   / /  / | /|∨イ /_/ |   /  | |::::::::::::::::イ:::| |
   [_>[ヨイ./  i |_/ |/ [Ξ]<_]   /  r!   |,ハ:::::::::::::::::::::|_|
    / /|    / j/ [j /  |\」   !  ./7   ヽ_ゝ、::::::::::://|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  なんて事を書いていたら、母さんからメールが届いた。
  『パチュリーの部屋の押入、掃除してもいい?』
  なんというタイムリーな話題。速攻で駄目の二文字を返したわ。


306◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:09:33 ID:m05NHbCg0

      /⌒/          、  (  /   ∨    \ ヽ
  f⌒i/  /      /  __ ゝ `7┬─-、|     _f⌒!、 .i
 r'   )/ ◯   / /:::!::::::Y   ,ゝ′:::!くノ   (__  _)〉| ◯
_,..コ  |、   ヽ.   k( |:::::|:::::::j` ̄´:|::::|:::::!く  r─┘ .! /
.i o | 〉 、 rくl)  /::!-┼十|::::::::|十┼-l::::`T | 0  | \ i⌒!
.ヽ-ヘ `ー一' ノ ̄´:::::::|:::::|:::;ハ|::::::::|:;ハ人:::!:::::::!込、__,、 `ー┴' ノ
   `エ7ニ´!:::::::!::::::::;ィチミx|::::::::|リィチミx:::::j:::::::::::::|.>─ァ='′
   ゝ `⌒) |:::::::l:::::: { ハ//ハ`⌒ヾ ハ//ハ} !!::::::!:::::|'⌒Y´
  (_,. -‐、く_」 :::::|::::!人`マソ     `マソ'/||::::::|:::::j ̄´
   r─ '  ,ハ::::!:::jハ⊂⊃   ,  ⊂⊃イ::j:\ハイ   ◯
 ,-、ゝ-‐ヘ_,ノ ハ/Vヽハ           レj:;ノ::::::::!:::|
 { `ー-、   /::::!:::::::!:::> _ ⊆⊇ _ イ ヽ:::::::::lヾ\ ◯
  `ー一'(⌒L、:|:::::::|:::::!|   |    |  |  ハ:::::::|::::\!
     l⌒´ ,、 V:::::;ノ:::::!|   ゝ、   ノ  j    !::::;ハ::::::::ヽ◯
     l   , }′}:::´:::::::ハ     不   /    l::::::::::::::::::/^ヽ
r'⌒)  `てノ^ー'v::::/::ノ  ゝ、/,口.\/     ,ゝ、:::::::;ィ 、 〈
.フ ⌒ヽ /::! ┌Y^!一⌒j .///.!、\ヽ   l  >〔xヘ‐-イ:\
ゝ-'フ }::└=7^个<_,ノ /、// | i > >.!  `T ,イ::::::://L:::ハ
  ゝ-イ::/ r‐ヘ::::::〉‐┐ 〈\//  .! !/ |    `7⌒7⌒k‐┘::i
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  五分後、母さんからメールが届く。
  『どうしても?』
  何故、この五文字に五分もかかったのか。一文字一分って効率悪いな。
  とか思いながらも返信。


308◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:10:09 ID:m05NHbCg0

               __, 、_
            /    ,、_   `r'⌒L
           / ,r‐'´´´_,,、、__ノi ヽ/ 」
            i,.>' , ‐l´/l/リ`,/lゞ  ゝ ,/j、
           ゞ>'´ l === ==、ハ_」 〈 h )
            l  ハ_」    __  ) ,!  i ̄ ̄フ
            |  i |、   `´, イ,ソi   |   ,'
            |  i.,ゝ,ヽr  ‐、´ ゝ ',─‐'   i
            |/  ', ヽ_ノ ゞ i ./      /
           人__/´i  ', r'´`iノ___/
             /   / iヽ ノ  i>ロくi i
         /__/  />ロくi  ソ 〈ノ
         `(ヒ、ノ/  / ソ  l`ゝ\l
            `´/   /  ,!  l l `, ヽ
           /  /  /  ,! l `, `、
            /  /  /  /  li  l `、
           イ /   /   /  ll、  |\ l
         ノ /    /  /   l l  |  l l
         レ´、ト、__,/  /    l  l ,!  l  i
               トー-'、__  j_,!_/_├-'
               |   /  `´ \  l
              | /        \!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  『誰にだって見せたくないものはある!』
  変身。もとい返信。


309◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:10:45 ID:m05NHbCg0

        / ̄ ̄ ̄`>──-、r、
  l ̄ ̄`ヽ{                 ヽ ヽ
  l__ r‐ゝ、,ヘ _   ∧    ノ lヽ
   / ̄ ノ!、,,ノ>‐ィ〈ー- 、{ ゙ ー '' ノ 」
  <  / /´/´//-/‐/  />─r イ<´
  ヽ/  / /ィ l l斤zァ!__ノl_`メ  |` YTト_〉
    , '/,イ !从ゞソ  イソ>レ / ノ|_!、」
   /´// / | |   丶 ∠イヽイV
 / / / ,'   l |>、´rイ从 ! │|
´ /  / /  /、ll⌒ヾ ̄ `>j   ヽ
/fr─‐//  /   !〉::::/ト、:::::〉、 、 ヽ\
 〉、//  / / |ヽ/ l!l`Y::ヽヽ\ ヽ `7ヘ
/::::::\ヽ / /  〉::::/ | |}:::::::|ノ  `ヽ」/_|
─,z‐=ゞ、l∠ -、‐''`ヽ:/ /!_L:::_ノ|__、>イ⌒Yヽ
、〈/´   lヾ:::::::::;イ、_/ /!´ l /l ヽ≡≡7l__ノ:::::〉
、`\_ノノ|::://ー┘ |ノ  !ヽ|  ヽ::::::::|i|/!´ ̄\
/ ̄ `Y⌒>´ , '     r〉  l ハ    \::|i| ヽ   |
   /!/ /      /!j  l ヾj、   ヾ!、 \ ノ
_/、__/     /ノ,'  l  l、〉、    \ー''´
レV、ノ       /l /  ,'  l ヽ〉      \_
`>─- 、     /ノ /   /   l  lヽ |
f{`ヽ   \  /!  ,'   /   l  ヾ} ヽ
/\    / /ノ /   /   /  /|   \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  これでも抵抗するようなら、こちらも伝家の宝刀を抜くしかないわ。
  母さんだって、父さんとは違う男の人の写真を持っているじゃない。
  大抵、これを言えば母さんは顔を赤くして黙る。
  というか、すぐ顔が赤くなるのは母親譲りだと思うけど。どうなの、そこら辺。


310◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:11:04 ID:m05NHbCg0

       /  i       イ   l .八   /i      l .l  >''´  `'';
        /   iヽ   >ニi‐ァヽ、_  ヽ__.l ヽ、     ノ .|/       ';
   ____ヽ     / ̄ i l / i! , i!  .|  `ヽミ、ー'   ノ       i
  .l  __,.> ィ≦i7ヽ   V: ハ|!i .l.l_   /<¨ |ー‐<__      ;;'
.   V'´ /   ヽj: :| i Y''¨ニ: : l |.l j: : :.二/≧__:V ヽ  _>,   .,'
     / ヽ  ,.>': :l l j l: : : :_| l | V'' ィア''ア≦l¨i!ヽ、_ノ ト、 l`ー=<
    /  l`´l: :i!: : .l ',ハ ';:/ ヽi     ト しi:::j / l: : : : :.| ヽ,|  __/
    `ヽ,_|  | :|l: : .l :> ',.三彡 `    ゞー='   j:/: : : :l: : lヾ´
           V ヽァj : : l    ′          i/: : : :.:l: : .l ハ
                / : : l       _,.     .j:'.:.: : : :i: : /: : ハ
   /`ヾ''´ヽ    / /: : :.ヽ、   `     _ イ/: : : : :.:j: :/.: : : :ハ
  /.   ,r''¨´ . / /: : : : : :.:`>z 、_ _,..-'''´ レ: : : : :./ :/: : :.,: : :.l
  l.   ,.'   ./: : /.:.: : : : : :./ | /__」  _,..-' 7.:.: : : : :/ /: : :./: : : :l
.  `ー '   / : : :.i!: : : : : : :./>,' /i><    /: : : : : :.:': : :./ : : : : .|
.      ,.'i.: : : : :.!i: : : : : :.:/'く''ソ/ .l 」.ヽ  / : : : : :.,.': : /: : : : : :.:/
      /: :l:.: : : :.l l: : : : :./  < .l_, ィ''´j ノ .,': : : : :./: : /: : : : : : :,.'
     i: : l: : : :.:l: :i: : : :/ , ィ''´ __/_V,´': : : : / :/: : : : : :.:,ィ'´
     ヽ: :',: : : :l:.:/'`ヽ>''    ̄ ̄__,ノr '   ,:'/: : : : :.,.>'' .\
      ヽ:i:: : _V ',/     `ニ二___ヽi: :;:' ' / _,.ィ''´      \
         _>''´|  `ヽ    、-----=' -l__r-、/´         /ヽ
.      /    レ  ノ ,.ィ.、. ヽr.'´:::::::::i__」`:::::::`ヽ、    l    ̄´ ヽ
._     /    /.l /ーァ'.| iiiiヽ __> :: /ハ:::::::::::, / ,  <´`=__     l
.    /     ' i (、  '  'ー,i   iiii V::::ノ: : ヽ:::::/ l /__ ヽ /.ハ l__,ノ`ヽ!
   /        `ヽ    .|  iii( ¨´l: : :/: :フ''ヽ'  ヽ /   > \
.  /            /ーァ-、j   iiii ,>=-ァ,ノ_/.   `Y´  `¨´    \
 /             /  ヽiii   ./. . . .< l. . `ヽ   .l            `、
./         /   /iii   `iヽ. . ../`ヽ. . . .\  l           \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  しばらく待ってみたが、返信はない。
  どうやら諦めてくれたようだ。
  物わかりの良い母で助かる。それとも報復を恐れたのか。
  いずれにせよ賢明な判断だ。


311◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:11:19 ID:m05NHbCg0

               ,  .    ,.
              , -'´       _`ヽ、
          // ,  ,     ` ;. ヽ ヽ、
         / / // /l l、  i、   ノ )   ヽ
         ,' / _」ト- L l.lヽ _ヽ、´ ノ.ヽヽ  ';
         | /|  l ll  l  l.lヽ  ̄~|iiト . | i | |
         |/| ,..」|-~~..,,__ ll ヽ‐-」 l l_.  | |. | l.|
           || l |::::| j.   ‐i:::::: -ッ"ン l、リ l.|
   さ        || ト.゙ーン     |:::::ン |/  /  .l .|
    っ       /.| ` .   _   `´ ,|   /.  l |
   さ        ,' .|   | `"'''ッ-、 ‐'''"|  /   l |
   と       l | |   レ`ー´ト.  l.| ´    l |
          | |  , / .§ | ヽ. ||   |  '; ';
    ね        l ヽ   ∨,. ∧ ヽ ヽl、  l  リ,. 、
   よ      .>ーヘ,.. /ッ    ヽ  ヽ 、 ヽ_./~´ ';.
   う        {、. ノ   l 、    ヽ   <~.レ-'ー<ヽ
    ゚       .コ`|   l l ヽ.   ヽ  ∨ッ| ,  ヽ ',ヽ
          |_,..i!   l  ',  ヽ.  ヽ.  / );.  ::l l.', ',
            ン ┤ .l   ',   `丶 `.<´  ヽ / | ';. ';.
           ~| |. .l   ',      ヽ. l~~.ッ ´l1 l ';. ';.
           〈  'r,l     ',     ,r-'‐.〈 / | .l   | |
           `ー,i |    丶    L、. .〉// |/   | リ
             ~|              `.人  ノ    l/
              ヽ- ..___,,.. .-   〆. リ ´     l'
               l リ            `´       ))  ))  ))
               ̄ ´~~~""'''''''''''''''''----------
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  日記もだいぶ埋まってきたし、今日はもう寝ようと思う。
  明日も良い日でありますように、と最後に柄にも無いことを書いておく。
  それじゃあ、おや


312◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:11:33 ID:m05NHbCg0

          ,  - ―‐ー‐ -  、   ,、
    /|  ,/      -=、`ヽ  `ヽ/_/
    ヽ, Y"  ,,. ィ、 , ィ ni 、__,) }、  _ ヽヽ
     /Y ,. 〈! !`' ´!´!::!ヽ __,,ノ lト、ィ 〉ヽ 〉
     y'〉Y^Y: : l: : : l::::!::!: : :',: : : !l: : Y、,*、
    <´/、_|: : |: : l: : : |::::|::|: : :_|__l|: : |.:| rヘ ヽ
    `'l_l'-!: : ! '''T二.!::::!└´‐'ー-リ、 !.:|´  V
        ゙'イ^´!弋_フ:::::::::::弋__フi : :`!.:|
        | : : ヽ '''  、   ''' /: : : :l: !
         !: : : : |丶 ,. 二 ィ'"!l.: : : :ヽ',
       /.: : : : :lィ'´:lヽ_ノ|:ヽ、! : : : :ヽ!
       ,/: : : : : : !|:.__N | リ:.:.:|l.i: : : : : :ヽ
    ,、〈: : : : : : /-ァ/ヾ ! ∧ヽ、!ヽ: : : : : :〉 , 、
    〈、 ヾ,: : : :,/:.゚:ヾ、:.ヽノ:.:.:.ヽ。。゚;ゝ、_, -,'_'"__,!
     >'‐`i ´i|:.:.:.:.:.:`>',,,. ‐''":.゚゙゚゙゚§:.:.ト、二コ
   , 、 ゝ‐'",!:.:.:!',:.:.:.:.:.:.li"。:.:.:.:。:.:.:.:.:.§:.:.ヽ,: : } ,. -┐
  '‐- `ミァイ;.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.l|,_--_、:.:.:.:.:.:§|:.:./`(´ー-r'
    <´,イ― ァ'''"'7'''",.ニニっ`ーrー- 、=、_,_,!`'ーr'
     ハ`: ヽ:.:.i:.:.:.:.:| 0`ニニつ  0}:.:.:.:.:ヽ:.:./: : ,イ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  メールが届いた。母さんからじゃない。
  差出人は不明。


313◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:11:45 ID:m05NHbCg0

 /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:
/ /  ̄匚_'_]  ̄ヽ.ヽ
| |===============| |
| | お前の秘密を  | |
| | 知ってるぞ     | |
| | まほうつかい    | |
| |            | |
| |            | |
| |            | |
| |            | |
| |            | |
| |            | |:.
| |===============| 「
| ー──────‐ ' |


314◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:11:58 ID:m05NHbCg0

     ∨   / ___j       jr‐<___ |
.    /   / /:.:.:.:.:.:.:ゝ────‐': : : : : : : : :.:〈j  _
   /   〈 .r':.: : : :.:/: : : :.:.:/: : : : : : :.レ 、: : : : : : : :',¨´: : : \ i
.  ん、__>イ: : : : :.:,: : : : :.:.ハ/: : : : : : :il: :.\: : : : : :.i:.: : : : : ',:.V!   _
.   {   i: : :.|: : : : :.:i: : : :/!i |: : : : : : : :|、: : :.:\: : : :|:.: : : : : :i:.:.廴_}
   `丶 !:i: :.|:i: : : : :|: />-ミ',: : : : : : : :〉´ ̄`ヽ\:.:!: : : : : : |:.: : : :.|
     |:ハ:_|ハ: : : :イ‐/ /⌒Y ー──‐/⌒ヽ  '; : /: : : : : : :|: :i:.: : |-
         ',:_:_:_:{ il! i{ ┃ !       { ┃ }  }|!'j/: : : : : :/: :i! : : !
            i:.:|:.:〉 、乂_ノ      乂__.ノ .ノリイ ̄ ̄:「`: : :l: : : |
.          /:.:,:/     ______    i  !: : : : :|:.:. : :,: : : :|
          /: :.八     i      l∧ハ   U ,: : : : : |:.:.: : : : : :.|
.         /: :./: : \   |          i   /:.: : : : :.:,: : : : : : : !
       /: : :.i: : : : :个: . _|          |_ ,,.i:.: : : : : : i:.:.:. : : : : :,
     /: : : : : |: : : : : :.:.:.i └─────┘ `Yi!:.: : : : :.:.:!:. : : : : : : :,
    .': : : : :.:∧: : : :.:.:.:.ノ、  ニ二 ̄ ̄    八:.:.:. : : :./:.: : : : : : : :
     i: : : : :.i⌒Y─r‐く / `ニ=‐------‐=ニi´} `r─r ' ̄i: : : : : : : :
     |: : : :.:.廴_ハ__ノ、__jl i  ||    ||   || {_,,.⊥._ノ  ./:.: : : : : : :
     |: : : :/ |: : : : |  ||   ||    ||   || /: : : :.:iヽ/\: : : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  なによこれ。

 ___________|\
[|[||  To Be Continued....!    >
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/


315◆pOgi2U5jM.2014/02/02(日) 20:12:31 ID:m05NHbCg0
以上になります。
繋ぎ回でした。
それではまた明日。


316どこかの名無しさん2014/02/02(日) 20:13:09 ID:9HkdYnN.0
おつ
まさかの脅迫メール(魔法)


317どこかの名無しさん2014/02/02(日) 20:13:54 ID:4wIJrSeM0
乙でした。
なんだこれw


318どこかの名無しさん2014/02/02(日) 20:14:08 ID:pXEi5ILw0
乙でした。なにそれ怖い
正直魔法云々より堂々と羽つけてる方がきついような、誤魔化しきかねぇw


319どこかの名無しさん2014/02/02(日) 20:23:57 ID:yiiJmj8w0
おつ
ゆるい展開が続くかと思ったら日常を脅かす急展開キター!


320どこかの名無しさん2014/02/02(日) 20:30:13 ID:Q8lC2xqo0
ぱちゅりーが一番の日常破壊者だけどな


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/02 21:21 ] オリジナル系 一ヶ月少女 | TB(0) | CM(1)

おもしろくて続きが気になるwww
[ 2014/02/03 08:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://rusalka777.blog.fc2.com/tb.php/1788-957524f1