FC2ブログ






やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです 第29話 「骸土に帰らず/Sanctuary for who?」 前編



       ヽ Lr;―‐r'  } /  /'、
.   _   丶 !  !  l' }ヽ-<  \
   fニ `丶、r‐;ヽ!  l    {   丶  ヽ
   ''"ー-、//⌒''   !    }     ',  ',
        | |`7ト;--‐'⌒'‐ヘ    丶  ',      ,.-'"⌒⌒ヽ.
    「ニニ'イゝ┴'‐┐    ヽ    ヽ ヽ     /::::::::::::::::::::::::',
    ト、X 大^大フ`l     ',    〈 、__゙ト、   !;;;:::;;;;:::;;;;::::;;;;;}
    l∧ メ X ∧ /      ',    ヽ{  /\_ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
    ヽ、___ノ         ',    `''‐''ヽ  `ヾゝ、__/
       /           l       `ヽ、   ,  ゙ト,
      /           |         `}、    | |ヽ
       !             !           ! ヽ   || 丶
     |             l            |  ヽ  ', ヽ  ',
      L________,. - 、_ゝ           |     ヽヽ  !
        l   l.{   ヽ             |     | ヽ,」
        ',   ',゙,   ヽ             L__,. -‐f''T、 }
        l   l ゙,   ',                 j  /  //'‐'
        'l    l ',    }               /  /   / }
         |  | l    !             / /   /  l
         'l  | l    !           / / ,.イ   l
         l   !  ',  |             { ,  { l     {

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   人は群れて生きる生き物である。
   地上での人類は、個々で生きるのではなく群れで生きる生物として進化していった。
   家族や血縁関係の他、近くに居を構えたもの同士で協力して暮らすこともあった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



スポンサーサイト

やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです 小ネタ29


本編時間軸とは少し別の時期かもしれないいつか



.              n__[][]
.              |{二}|
.              ` ̄||

.           n__[][]
.           |{二}|
.           ` ̄||                            __/__ rr
                                        / /
.         n__[][]
.         |{二}|                                __/__ rr
.         ` ̄||                                / /
             |¨|    厂{
..    n__[][]  /:.;:.ヽ   〉i:i|                        __/__ rr
..    |{二}|  /:.;:.;:.;:.;:.;\  }i:i:|                       / /
..    ` ̄||../:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;/ヽ}i:i:i|
       /:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:./  }i:i:iト                         __/__ rr
..  n__[][]. ;:.;/ ̄ ̄``′  }i:i:i:|  `丶、                        / /
..  |{二}|.三三三三三三三三{i:i:i:|コ ̄ ̄ ̄\
..  ` ̄||゙:.;〉 ̄~|i:i| ̄ ̄ ̄ ̄ {i:i:i:i| ``  ..,   \
-‐''"~:_:_:_ノ ;   :|i:i| : : : : : : :::匸匸|`  .  ``~、 \
:.;:.;:.;廴  ...,;   :|i:i|: : : : : : : : ,}i:i{i:i|   `  .   T ̄            ,,
:.;:.;:.;:.;:.7   ;   :|i:i|.: : : : : :  }i:{i:i:|`'77ァ。 __ ``'ー|             .ji「                                  /ヽ
:.;:.;:./____|i:i|_________)i:{i:i:| :|/_∧ / フ┬|      __      ji「      /:|                            /::└ァ
,.、'──────────‐ー}i:i:| :| |:::::|^゙|:::|`'|..,,     〕|7     ji「      /:::|                           i|: : :/
"        〉          }i:i:i| :| |:::::| |:::| lヽニ、.   ∠|{     ji「 rュ    _}:::|                           i|: : :| _
         ```''      /i:i:i:| :| |:::::| |:::| |_|_|    }:||   ハ  ji「 |:: ヽ  }::::|  _                        j|: : :|/:_:_
.             ,,  ;    {i:i:i:i:| :| |:::::| |:::| |::\\  「 :|l.  | | ji「  |:::::/  〈:: :| /\ ̄\     _,,,....,,,_     「 ̄/^ヽ ̄ : : : : :
_____..,,__''_______}i:i:i:i:| :| |:::::| |:::| |-、::〉:::〉 _|..:| `| | |,ィi「\.|:::::|'^ヽ}:::::|{_ : : \_\''"~ ̄ : : : : :` 二ーノ  〈 : : : `ヽ: ::| ̄
────_──────‐(i:i:i:i:| :| |:::::| |:::| |:::ヽ ̄Y  | : |' ..:::ji「..|::::|::::_〕 /:::::| { : : . :.:.| | | _ : : : : : :.:|:::::|_「 ̄ } : : : : : 廴j:_:_
 ̄`ヽ.  /::/ _    ..,,    }i:i:i:i:| :| |:::::| |:::| |::::::| ̄ |ァ‐┴、| ...ji「...|:::j::::乂ノ: : :.::| 乂 :.:.:.:.| | |ヘ\\ : : : : :|:::::| 〈 ̄:::|`┬─‐〈: : : :
`:、`:、`ー/::/、_|::|_r┐ ,.、-─=≠弐 |ー乂ノ-乂| |::::/::;;;;ノ    ̄〉.ji「 「/乂゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚:|ニニ:| :.:.:.|~゙| ̄| |  |~゙|‐rハ   ト.|N:::::f 〉: : :ノ⌒ヽ'´ ̄`ー
`:、`:、.. . }/\\|....ノ_ノ'´_‐_‐≠ΞΞ\二二二二二二v⌒ヽ........:::::::ji「ー'^////フ7ァァ。.| | | | :.::.:| |  | |  | |_ノ `ー' |:::}::::辷:_r‐く:_:_ノ:_ : : : : : :
  | ̄ ̄|¨ハ、┘  / ̄ ̄ ̄\ ̄`ヽ──、-─━ァ'´ ̄`厂⌒ヽ::...`ヽ ̄/⌒ヽ-、'´ ̄ ̄⌒”廴|_|_|‐弌-──--ノ::ノ::::{:_:_:_|:_:_|:_:_:_:_j: : :,-‐
_  ̄ ̄..:{:::.....〉 〈 ̄〈 ̄ ̄ ̄\∨ ̄〈..........:::: ̄⌒ ̄ ̄`` __ー''"^ ̄.. .. .  ̄  ̄ ̄ ̄`´  ̄ ̄  .....:: : : ::_:_:__‐_‐厂|ノ:::::|::::::::|: : : / ̄ {`ー
\\__「二二二二二γ´ ̄ ̄`ヽ/ ̄\::....     ....,,, /_/ ...        ..,,,.. ..,,,.. ..,,..................x─-ミ.....|: : 〈_‐_‐|二二厂7´ ̄〉--、ノ:_:_:_
  | ̄ ̄ ̄| ̄|´ ̄`f ̄厂 ̄ ̄⌒'ー`ー‐/ ̄\──-、...,, ...,, ,,,, ..:: :: :: :: :: :: : .. ..,  .. ..rヶ.辷ヶ_‐_‐弋...:::::ノ...|___ソ_‐_‐_‐/ ̄\/´: : : : :::::;:;:;:
´ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄ ̄ ̄`. . . . . . : : : : : : : . .    ̄ ̄ ... ...,, .: .., ,:: ,::::::: _‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐厂厂_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐≧s。.,_乂:_:_...::::::;:;;:;:



やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです 第28話 「追いつ追われつ / Hunting of Hunters」



          , ‐-、      _,..,_
.         ; `ヽ ':,    ,:'゛-‐ :,
       ⅰ `ヽ }i   ∥/_,. }
.          } ‐- ≫―‐-≪ _,,. ,゙
       〈 ア゛  ,,. ..,,  ` 、;
.         У   i{{  }}i    〈
          ;0   O》  《O  ¦
          ゚, c__ ┌ァ  __o 0}
           ゚:, ニ廴入__ノニc ,:′
         ` .,_   _,.丶`、
             √`⌒⌒^つ゚:,` ー - - - -‐…‥‐- .,
            ;  ⊂⊃   ー'    C  〇    `:,
             {) 〇 とぅ O С  C      ○   ゚,
           ゚,    (__)     〇   〇    〇  ;
            ゚, `:,     С C  〇   ◯     ;゚,
            ゚,) ',  〇┌.,,. .,,. .,,,. ~^}    С √,
            ゚,-、 , .,,_,,...,,;~~‐~~~ヘ ┌--冖_,,. 、
.               ゚.ノ ',ー~ー{       ゚,_,.`、`⌒ー'\/7ヽ
                  ゚.う , ( ̄ !         }⊃ } と⊃  ```゛
                  ゚. ゚,) Ο;        } O,゙O ,′
             r┘ノ O }        ノ _゙ o ,′
             `⌒^ー~         'ー~-~′



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   食物連鎖、それは自然界における捕食と被食の関係である。

   生物は栄養失くして生き残ることはできず、その中では他者を栄養源として捕食するものがある。
   大きなもの・強いものが小さなもの・弱いものを餌とすることで糧とし、生きる。

   この食う・食われる関係が、自然巡回のサイクルとして機能し、世界を維持・発展させてきた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛